東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 医療栄養学科

在学生の声

「栄養」に関する幅広い知識を
段階的に深めていくことができます

写真:佐久川 享
医療栄養学科 3年
佐久川 享

1年次には、体の仕組みや臓器の働きについて学ぶ「体の仕組みと働き」の授業があり、栄養学の視点から人の体と健康への関心が高まりました。2年次になると、「医療栄養学概論」や「栄養教育論」など、具体的な疾患の患者さんを想定した食事指導の方法や、疾病と栄養の関連について学びました。「給食経営管理論」という授業では、先生から「ビタミンCを摂取できる献立」というテーマが出され、グループ全員で栄養価を踏まえながら献立を考えました。その際、食材の発注書の作り方、食材の保存・管理法、コスト計算についても学修しました。病院などでの実習に入る前に、それまで学んだことを再確認し、自分が進む専門領域を深めるきっかけとなる授業だったと思います。

管理栄養士につながる
具体的な実習がたくさんあります

写真:武藤 輝美
医療栄養学科 4年
武藤 輝美

3年次の「臨床栄養学実習」は、具体的な傷病者を想定したテーマが与えられ、それに適した治療食の献立を考え、実際に調理するというもの。私たちのグループは「脂質の量をコントロールする」というテーマに取り組みましたが、献立を決めるだけでもいろいろな意見が出て、それを調整するのがとても大変でした。ただ、そうした実践を通して栄養に関する技術や知識だけでなく、協調性も大切だと気付かされました。ほかにも、管理栄養士になるための必要な知識・技術を学べる実習がたくさんあります。中でも印象的だったのは、将来、患者さんに栄養指導することを想定した「栄養教育論実習」です。模擬患者さんに対して、食事に関するヒアリング、それに応じた食事指導を行います。同じ糖尿病でも、ほかに病気や合併症などがあれば食事が異なり、だからこそ、患者さん一人ひとりに対する細やかな聞き取りが重要だと理解することができました。

このページの先頭へ