東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 医療栄養学科

在学生の声

すべての方に寄り添い、最善のサポートができる
管理栄養士になりたい

写真:金澤 志保
医療栄養学科 4年
金澤 志保

入学当初は、健康な人々を対象に栄養指導や栄養管理を行う仕事に就きたいという気持ちが強かったのですが、3年次の「臨床栄養学実習」をきっかけに、病気の方への栄養指導に関心を持つようになりました。それまでは自分の頭の中で別々に存在していた、「身体の機能」や「栄養素の働き」といった知識が、ひとつにつながっていく感覚があり、そこで改めて、食と健康の関連性の深さや、医療現場における栄養管理の重要性を理解することができました。少し受け身であった学びの姿勢も、今では学ぶことがとても楽しくなり、自分が納得するまできちんと調べる習慣も身に付きました。治療における栄養管理の方法や子どもにもわかりやすい栄養指導、治療に前向きでない患者さんへの接し方など、知りたいことが山ほどあるので、病院での実習が待ち遠しいです。

実践を通して知識を身に付けられる演習は
私にとって驚きの連続でした

写真:清水 涼子
医療栄養学科 3年
清水 涼子

最初の驚きは1年次の「調理学実習」。高校の調理実習の延長程度に思っていたら作業計画から衛生管理まで想像を超える厳しさに驚きました。また、ライフステージごとの特性を考えて献立を作成する「応用栄養学実習」では、栄養バランスだけを考えて作った料理が本当に美味しくなくて、安全や栄養と同様に、美味しさも重要であることを痛感しました。さらに「解剖生理学実習」も印象に残っている実習のひとつ。私はもともと医療現場に就職したいという気持ちがなく、入学当初は医療系の授業にあまり興味がもてませんでした。それがこの実習で、実際に体の仕組みや働きを体験的に学んだことで、働く場所がどこであろうと、管理栄養士にとってさまざまな知識を身に付けることが大切であると気づくことができました。

このページの先頭へ