東京医療保健大学
Menu
大学院 看護学研究科:修士課程 国立病院機構キャンパス

研究科概要

チーム医療を支える高度専門看護職および
看護の発展に寄与する人材を育成します。

現代の医療は、日々、高度化、複雑化し、専門化が進んでおり、国民・患者の医療に対するニーズも多様化しております。その一方で、医療の現場では、医師不足に伴う救急医療における患者の受け入れ拒否、産科病棟の閉鎖、ハイリスク妊婦の受け入れ及びNICU病床の不足等の課題が指摘されるなどの諸問題を抱えております。 また、看護の基礎教育の大学化が急速に進む中で、看護研究教育に係ることのできるスキルを備えた教育者の確保も極めて困難な状況にあります。
本研究科(修士課程)では、高度な判断力、実践力及び教育研究・管理能力を通じて、医療・保健・福祉に対する時代・社会のニーズに的確・迅速に対応し、チーム医療を支えることができる高度専門看護職の育成、また、研究・教育の探求を通して、看護学の発展に寄与することができる人材を育成します。そのために、3つのコースを設置しています。

高度実践看護コース【全日制】

学位名:修士(看護学) bp認定(様式1)(様式2)

高度な判断力と実践力をもって初期医療にも対応できる診療看護師(NP)・特定看護師を育成

高度実践看護コースでは、独立行政法人国立病院機構と連携して、医学の知識と高度な実践力を備え、患者さんたちにタイムリーに診療を提供できる診療看護師(NP)・特定看護師を育成しています。
平成26年6月に保健師助産師看護師法が改正され「特定行為に係る看護師の研修制度」が本年10月から施行されます。本コースでは指定研修機関としてクリティカル領域で活躍する診療看護師(NP)・特定看護師(21の特定行為区分のすべての特定行為が実施できる)の育成を目指します。

高度実践助産コース

学位名:修士(助産学) bp認定(様式1)(様式2)

病院内外の助産システムに対応できる専門性の高い「助産師」を育成

  • 助産師免許取得プログラム【全日制】
  • 助産師プログラム(有資格者)【昼夜開講(2年次実習を除く)】

助産院の減少や産科医不足など、周産期を取り巻く環境が大きく変化する近年、助産師への期待が高まっています。本コースでは、助産師免許取得を目指すプログラム及び助産師の有資格者がさらに高い専門性を身に付けられるプログラムを用意しています。すべての妊婦が安全で安心な出産ができるよう、周産期医療の質の向上に貢献できる助産師を育成しています。

看護科学コース

学位名:修士(看護学)

健康科学分野で、看護学の発展に貢献できる学術的な「研究者・教育者」を育成

看護科学コースは、2014年度に看護学研究科に新設されました。本コースでは、科学的根拠にもとづき、自然科学をベースにした人の健康につながる研究を行います。そして、その研究結果を看護領域はもちろん、広く健康分野の教育や研究・開発に活かすことを目指しています。
本コースは、夜間開講しており、働きながら研究に携わることもできることが特徴です。

お電話でのお問い合わせ
03-5779-5031
メールでのお問い合わせ
higashigaoka-po@thcu.ac.jp
このページの先頭へ