東京医療保健大学
Menu
大学院 医療保健学研究科:修士課程 五反田キャンパス

研究科概要

医療保健分野における専門性を追求し、マネジメント能力や医療現場での実践能力質向上、活躍できる人材を養成します。

土曜日および年3回の集中講義を受講し、所定の単位を取得し、修士論文に合格することで大学院修士号の取得が可能です。修士号取得後は様々な医療現場でリーダーとしての活躍の道が開かれています。
医療保健学研究科医療保健学専攻は8つの領域が設置されています。なお、このうち看護実践開発学領域を平成27年4月に設置しました。

看護マネジメント学領域

学位名:修士(看護マネジメント学)

高度な知識・技術と卓越したマネジメント能力でチーム医療の中心となる看護師を養成。

医療現場での看護師の役割はますます大きくなっています。病院だけでなく、在宅看護も増え、臨床現場を含めた地域医療の現場でマネジメント能力のある看護師が必要です。
看護マネジメントについて学ぶには、看護師としての問題意識が重要です。看護師として十分な体験を積み、自分自身に何が欠けているか、何を学びたいのかという問題意識があってこそ学びが活きてきます。大学院で学ぶのは問題解決能力を養うことでもあります。
大学院(修士課程)で高度な知識と実践能力を養った後は、現場に戻り師長や副師長、チームリーダーとしての役目を担うことになります。

看護実践開発学領域

学位名:修士(看護実践開発学) ※平成27年4月設置

エビデンス活用に基づく高い看護実践能力、社会背景の変化に伴い生じる新たな看護の必要性に対応した看護開発能力、看護の実践現場で社会変化に応じた人材育成・ケアの伝承を行う能力を育成。(平成27年4月設置)

エビデンス活用に基づく高い看護実践能力、社会背景の変化に伴い生じる新たな看護の必要性に対応した看護開発能力、看護の実践現場で社会変化に応じた人材育成・ケアの伝承を行う能力を育成します。
基礎的な実践能力を培った臨床経験3~10年程度の看護職者を対象とし、グローバル化や少子高齢化を迎えて改めて看護とは何かを探求し、看護実践に埋め込まれている知を明らかにするとともに、社会のニーズに対応した看護実践の開発を目指すこと、高度な看護実践教育に寄与する看護実践開発学の構築を図ることを目的としています。(平成27年4月設置)

助産学領域

学位名:修士(助産学) bp認定(様式1)(様式2)

助産師としてキャリアアップに繋がる教育・研究力を養い、医師との協働を探求・研究できる助産師を育成。

助産師としてこれまで蓄積した助産に関する能力及び助産業務実績を再確認し、今後、助産師としてキャリアアップにつながる教育力及び研究力を養います。
健康教育・健康診査、院内助産及び助産外来などの運営、周産期医療における緊急対応及びクリティカルケアのできる助産師、そして、医師との真の意味で協働することについて探求・研究できる助産師の育成を行うことを目的としています。

感染制御学領域

学位名:修士(感染制御学)

医療のリスクマネジメントにおける最重要課題である「感染制御」のエキスパートを養成。

病院におけるリスク管理の一環として、また、医療安全管理の面からも「感染制御学」は重要な学問領域です。
感染制御のエキスパートは看護部門、薬剤部門、臨床検査部門、病院管理部門などあらゆる部門で求められており、医療に関わる企業でも必要になってきています。
本大学院で感染制御について学んだ人は、病院では、感染対策委員会および感染制御チームの一員となり、医療現場に直結した感染制御活動を行っていくことが期待されています。

周手術医療安全学領域

学位名:修士(周手術医療安全学)

周手術医療安全に関する専門的知識および問題解決能力を有する人材を育成。

医療現場においては、手術にまつわる領域での患者安全の質向上が喫緊の課題となっています。医療機関及び日本手術医学会・日本医療機器学会・日本生体医工学会・日本手術看護学会等から、周手術医療に関する専門的知識及び問題解決能力を有する人材の育成が求められています。
主な研究テーマとして、手術部の施設・設備である電気機器や空調設備、手術部の運営と手術計画、手術関連情報の処理、患者安全対策、職業感染対策、手術室内環境整備、器材の管理など多くの課題が挙げられます。
本領域では、これらの学際性と専門性を追求し、手術部運営に不可欠な資質と創造的問題解決能力を兼ね備えた人材を育成いたします。その結果、医療系はもちろん、臨床工学分野、微生物学分野、手術看護学分野、滅菌技師/士の分野を包含し、これらの研究・教育・実践・マネジメント能力を修得することが可能です。

滅菌供給管理学領域

学位名:修士(滅菌供給管理学)

滅菌サプライ業務を取り巻く最新知識の習得と総合的な研究を実施できる能力を備えた専門職業人を育成。

滅菌供給管理は病院における安全性、経済性の面で重要な課題であり、大規模な医療施設では、独立した中央部門として大きな割合を担っています。
病院の滅菌供給部門としての材料部もしくはサプライセンターでの業務に関わる全てがこの分野の研究対象であり、滅菌器の性能に関わる基礎的研究、滅菌保証(滅菌バリデーション)、滅菌包装、被滅菌物の素材への影響、滅菌媒体の生体毒性、器械のトレーサビリティー、物品管理の新しい手法と情報管理、医療関連感染制御技術全般、使用器械の運搬、器械の洗浄技術、洗浄剤の特性など幅広い研究課題があります。
ついては、本領域においては、これらの課題に関する専門的知識と創造的問題解決能力を有する高度な専門職業人を育成します。

医療栄養学領域

学位名:修士(医療栄養学)

予防医学と臨床栄養学領域の研究。

現在、医療や福祉の世界でエビデンスに基づいた臨床栄養管理が不可欠になっています。平成20年より、診療報酬が改定され、栄養管理実施加算として管理栄養士の技術料が認められました。チーム医療の中で、真に栄養の専門家としての臨床栄養に関する知識と技術を身につけた人材が必要とされています。
本学大学院で学ぶ管理栄養士は、より臨床に即した栄養問題を科学的に研究することにより、栄養管理の専門家として栄養サポートの中心的な役割をこなすことが期待できます。

医療保健情報学領域

学位名:修士(医療保健情報学)

高度な知識と技術を持った医療情報コミュニケーターを養成。

医療分野における情報システムは、医療の質、医療安全、患者サービス、病院経営などに大きく貢献することが期待されています。医療機器、医薬品、医療情報などの産業においても医療現場のエビデンスに基づく情報が不可欠です。
このような社会の新しいニーズの中で、医療システムを支える情報処理に精通した知識、医療現場の状況を熟知したマネジメント能力、および医療の基礎知識を兼ねそなえた医療専門職としての医療情報コミュニケーターが求められています。
医療情報の多様な活用を通して現場が必要とする医療システムの構築・活用の技法を学び、医療現場や医療産業界におけるリーダーとなる人材を育成します。

このページの先頭へ