東京医療保健大学
Menu

看護学研究科

国立病院機構キャンパス

医療・保健・福祉の質向上に広く貢献する医療人を育成する大学院

看護学研究科

研究科長メッセージ

草間 朋子

写真:hoge

大学院看護学研究科には修士課程および博士課程を設けております。修士課程には、「高度実践看護」「高度実践助産」「高度実践公衆衛生看護」のコースを設け、それぞれ「チーム医療のキーパーソン/地域医療のゲートキーパ」としての看護師(診療看護師:NP)、「性と生殖のキーパーソン」としての助産師、「健康づくりのキーパーソン」としての保健師の育成を目指しています。修士課程の看護科学コースおよび博士課程では、看護管理者、教育研究者を育成しています。患者さんたちにとって最も身近で、信頼できる存在は看護職です。研究科での学びを通して、スキルアップ・キャリアアップを図り、少子超高齢社会を迎えた今、「予防し・治し・支える」医療を自律して提供できるこころ豊かな看護職を目指してみませんか。

チーム医療を支える高度専門看護職及び研究・教育の探求を通して看護の発展に寄与することができる人材を育成するための4つのコースを設置しています。

[入学定員:30名 修業年限:2年]

看護学の発展・進化及び看護のさらなる質向上を目指すために、研究マインドを持って看護学・看護の基礎教育及び大学院教育に関わることができる研究・教育者を育成します。

[入学定員:2名 修業年限:3年]

入試日程や出願資格、選考方法など、入試に関する情報をご紹介しています。

このページの先頭へ