東京医療保健大学
Menu

中期目標・計画

本学は、学校教育法の定めるところにより、平成23年度に開学後初となる大学基準協会による大学評価(認証評価)を受審いたしましたが、評価結果においては、「貴大学は本協会の大学基準に適合していると認定する。認定の期間は2012(平成24)年4月1日から、2019(平成31)年3月31日までとする。」とされております。

本学においては、大学評価結果における総評及び大学に対する提言等を踏まえて、教育 研究の質の向上及び充実・発展を図るとともに社会への説明責任を果たすため、平成24年度をスタートとする5年間(平成28年度まで)の中期目標・計画を策定し実施することといたします。

中期目標・計画の項目については、大学評価の受審に当たり「平成22年度点検・評価報告書」において記述した「大学基準協会が定める10の評価基準」(理念・目的、教育研究組織、教員・教員組織、教育内容・方法・成果、学生の受け入れ、学生支援、教育研究等環境、社会連携・社会貢献、管理運営・財務、内部質保証)に基づき整理しております。

中期目標・計画のうち、特色のある主な取り組みは次のとおりです。

項 目 主な取り組み
理念・目的 大学・学部・研究科等の理念・目的に基づき適切な教育研究等を行い、有為な人材の育成が図られているか、自己点検・評価による検証及び外部の有識者による外部評価を実施して検証する。
教育研究組織 本学の建学の精神及び教育理念に基づき、実践を重視した教育研究の充実・発展を図るため、国際交流センター等を通して、国際的通用性の高い教育研究を組織的に推進するとともに、「国際交流に関する基本方針」に基づき、本学の国際化の推進を図る。
教員・教員組織 教員の資質及び教育力の向上を図るため、教員のFD活動を推進する。教育研究の質の向上及び活性化を図るため、教員の教育研究活動等の実績・成果を評価し、処遇等に反映する仕組みの導入を図る。
教育内容・方法・成果 教育成果について定期的な検証を行い、その結果を踏まえて教育課程及び教育内容・方法の改善・充実を図る。また「学位授与の方針」に基づき、学位の授与(卒業・修了認定)を適切に行う。
学生の受け入れ 本学の理念・目的及び「入学者受け入れの方針」については学生募集要項等に明示すること、本学ウェブサイトに公表すること、進学ガイダンス及びオープンキャンパス等において説明すること等により、社会への周知を図る。
学生支援 「学生支援に関する基本方針」に基づき、学生への修学支援、生活支援、進路支援(就職支援)等を適切に実施する。
教育研究等環境 「環境整備に関する実施計画」に基づき教育研究等を支援する環境等の整備・充実を図る。教育研究費の充実を図るため、科学研究費補助金・各種団体の研究助成金・受託研究費・奨学寄附金等外部資金の積極的な確保を図る。
社会連携・社会貢献 医療系の大学として、教育研究の充実・発展を図るとともに医療・健康・保健面における社会貢献を積極的に推進するため、「社会連携・協力に関する基本方針」に基づき、地域との連携・協力を組織的に推進する。
管理運営・財務 教育研究等の円滑な遂行を図るため、管理運営組織の整備・充実を図る。本学の理念・目的を達成し教育研究等を円滑に遂行するため、「東京医療保健大学の財政計画」に基づき安定的な財務基盤の確立を図る。また、財務比率の指標に基づき毎年度検証を行い、その結果等財務状況をウェブサイト等に公開する。
内部質保証 自己点検・評価、情報公開及び法令遵守に関する実施体制等内部質保証に関するシステムの適切な実施を図るとともに、教育研究活動に関する社会への説明責任を積極的に果たす。外部の有識者による検証を行い、検証結果を踏まえて教育研究活動の 改善・充実を図るとともに、その状況を公表する。

中期目標・計画の実施状況については、定期的に大学経営会議、理事会・評議員会に報告することとし、最終年度終了後には実施状況を公表することといたします。

本学においては、平成24年度をスタートとする5年間の中期目標・計画を定め実施しておりますが、このたび中央教育審議会答申を踏まえ、平成25年度から本学における学士課程教育及び大学院教育の質の向上を図るため、東京医療保健大学中期目標・計画に定める「教育内容・方法・成果」の一部改正を行いました。

このページの先頭へ