東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 看護学科

在学生の声

フィジカルアセスメントの知識、技術を修得

写真:安西 俊哉
看護学科 3年
安西 俊哉

1年次の前期は「いのち・人間」に関する科目を履修しました。そうした授業の影響か、医療ニュースに関心を持ち、特に「死生観」について考えるようになりました。また、1年次から始まる「基礎看護技術」に関する授業では、フィジカルイグザミネーション(患者さんを観察し、聞き取りや身体診査で健康状態を判断する)の基本的知識はもちろん、全身清拭の方法や車椅子への移動を介助する方法といった実践的な技術も学んでいきます。実習で、現場に出るようになると、患者さんを理解するためには、体の仕組みや病気そのものについての知識がなくてはならないと痛感。そのため、人の体の仕組みや臓器の働きを学ぶ「体の仕組みと働き」や病気の症状などを理解する「疾病治療論」などの専門的な授業がとても役立ちました。

患者さんの状態を素早く適切に捉える能力を
磨くことができました

写真:足立 真里奈
看護学科 4年
足立 真里奈

これまで経験した実習の中で特に印象に残っているのが「臨床看護学実習Ⅰ(急性期)」です。この実習を通して自分が一番変わったと思うのが、患者さんの個別性に合わせたケアを意識できるようになったこと。看護学科としては珍しいOSCE*を導入しているため、実習前にバイタルサインのチェックの練習などもしっかり行うことができ、準備万全で実習に臨むことができます。それでも周手術期看護は展開がとても早いので特に最初は余裕がなく、どうしても標準的なケアを行うことばかりに意識が向いてしまっていました。しかし指導してくれた看護師さんの様子を見るにつけて、看護師の最も重要な役割は、目の前にいる患者さんにとって、今一番必要なケアが何なのかを臨機応変に考えることであると知りました。患者さんと話をする際も、はじめは一方的に質問してしまうことが多かったのですが、段々と普段の会話の中から必要な情報を自然に引き出すことができるようになりました。

*Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験

このページの先頭へ