東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 看護学科

在学生の声

3学科の交流や学びの中で
他の医療職との協働の重要性を実感しました

写真:山井 美穂
看護学科 4年
山井 美穂

母親が看護師をしており、「とてもいい先生がいる」と勧められて医療保健学部看護学科を志望しました。最初は「チーム医療」が何なのかも知りませんでしたが、他の2学科との交流や、チーム医療を実践する先生方から学ぶ中で、協働の重要性を感じました。大学の学びで印象に残っているのは、2年次の実習で、末期がんの患者さんの担当になったことです。未熟な私でも、次第に心を開いて話をしてくださり、熱が出て苦しい時に手を握ってくださったことは一生忘れません。実習では看護技術の実践を学んだだけでなく、病院の良い雰囲気づくりに大きく貢献する看護師長さんの姿に触れ、マネジメントの大切さを実感することができました。今後は、知識・技術のみならず、セルフマネジメント力をさらに高め、どんな状況にも対応でき、チーム医療の核になれる看護師を目指して頑張りたいと思っています。

実際の患者さんをイメージして
患者さんの身になってケアができるように練習します

写真:加藤 碧海
看護学科 4年
加藤 碧海

「基礎看護援助方法(Ⅰ~Ⅳ)」の演習は、グループで看護師と患者さん役になって、バイタルサインの測定方法や環境整備、食事や排泄の援助など看護援助技術の基本を修得します。患者さんの状況は一人ひとり異なります。私は特に、患者さんの寝衣の交換が難しく感じました。患者さんの肩や腕、体がどこまで動かせるかを知っていないと患者さんに苦痛を与えることになります。学生同士の演習であっても各論実習に入る前の準備として大切な学びなので、実際の患者さんを想定して真剣に練習しました。バイタルサインの測定も、時間がかかると患者さんの負担になってしまうので、素早く、正確に行うことを目標に頑張りました。今後も実習が続きますが、患者さんの身になってケアができる看護師になるために頑張ります。

このページの先頭へ