東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 看護学科

学びのポイント

NTT東日本関東病院等との連携による
中身の濃い実習で、現場に立脚した看護職を育成

育てたい人材像

看護専門職として誇りをもって、生涯を通して学び続け、相手を想い、どんな時も自ら一歩を踏み出せるチーム医療人を育てます。社会や医療現場の変化に対応しながら、現場に根付いた教育を実施。患者さんの気持ちに寄り添える人間力はもちろん、専門職として科学的な知見や看護技術をもった看護職を育成します。

4年間で身につけるスキル

チームで取り組み、物事を推進する力を養う

1年次から多くのグループワークを通じて、看護職としてのあり方や仕事の進め方をグループメンバーや教員と議論することで、他者と協働しながら取り組んでいくことの大切さや方法を学び、同時に、自ら考える力を身につけます。中でも1年次~4年次まで通して取り組む「機能看護学」では、組織や自分自身のマネジメントについて学び、組織・チーム、個人のあり方を理解し、チーム医療に必要な力を養います。多職種と協働して患者さんやご家族のケアをおこなうチーム医療において役立つ「アサーティブコミュニケーション」もそのひとつ。立場の異なる者同士の中で、相手の意見を尊重しながら、自分の意見を伝えるスキルで、本学科ではこうした高いコミュニケーション能力を修得できます。

授業と演習が連動した教育で、技術を定着させ、臨床に強い看護職を育成

知識詰め込み型の教育ではなく、大学での授業・演習と、病院での実習が連動しています。学んだ知識を、看護の現場で実践。その際、現場で気づいた自己の課題は学内に持ち帰り、課題の達成に向けて取り組みます。次の実習では、授業で学習した新たな知識・技術とともに、課題になっていたことに再びチャレンジしてクリアする。こうしたことを繰り返し行う中で、知識を実践で活かせる技術に定着させ、臨床に強い看護職に育てます。また、実習の報告会や学内での演習に、実習施設の看護師さんも参加して、コメントやアドバイスをいただけるので、看護職という夢に向かってモチベーションを高めながら学ぶことができます。

全体を捉え、未来の医療に貢献できる力を育む

変化が激しい保健医療の分野で看護職が活躍し続けるためには、困難に遭遇しても目の前のことだけにとらわれず、先を見通し、それを乗り越える力が必要です。授業では、看護がその機能(役割や力)を発揮するためにはどうしたらよいか、試行錯誤しながら学びます。こうした内容を4年間通じて取り組むことで、自分自身をマネジメントする力を養い、困難に立ち向かえる知識と、チーム医療を有効に活かせる組織人としてのノウハウを身につけることができます。
また、看護の対象を広く捉え、文化や制度が看護に及ぼす影響や看護の対象としての社会を理解することを通して、全体を捉える(俯瞰する)力の獲得をめざします。これにより対象の個別性を尊重した豊かな看護を提供できる人材を育成します。

学びのサポート体制

看護職としての将来像に向い主体的に学ぶしくみ

看護学科では「ポートフォリオ」を導入しています。これは目標に近づくための学びのプロセスや成果(学習計画表やレポート、成績表など)を記録・保存し、それらを定期的に振り返り、学生自らで成長をめざす取り組みです。1年次前期の「看護学概論」の中で看護職としての将来像を描き、そこに向うための計画を立案します。2~4年次では個人で目標や計画を見直し、教員と面談を行い、「自ら学び、成長し続ける力」の育成を図ります。

教職員のネットワークにより学生生活を支援

看護学科では公開授業や教員研修会を実施し、学科目標の共有や互いの教育・研究活動の理解に努めています。こうした催しには事務職員も参加。科目の履修はもちろんのこと、就職や国家試験対策など、教職員が一丸となって学生を支援します。また、学生をグループに分け、複数の教員が担当するアドバイザー制度によって、学生生活を送る上で生じる悩みや問題に細やかに対応しています。

実習施設

いち早くチーム医療を導入したNTT東日本関東病院で、実践的な実習を体験

NTT東日本関東病院は、診療システムの全面的電子化を日本で初めて行った最先端医療機関。また、早くからチーム医療に取り組んできた病院でもあるので、実習では医師や看護師、診療情報管理士などの他の医療専門職との“協働”を数多く経験できます。卒業生の主要な就職先でもあります。

特別養護老人ホームや保育園など様々な場での看護を体験

1年次前期から4年次後期にかけ、実習科目以外でも看護実践の場で学ぶ機会を設けています。病院だけでなく、特別養護老人ホームや訪問看護ステーション、まちの保健室、保育園、障がい者の社会復帰施設、介護予防教室など、人々が暮らす様々な場に身を置き、年代や健康状態の異なる様々な対象者に看護を提供する体験をします。

このページの先頭へ