東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 看護学科

学科長メッセージ

「予測する力」と「行動する能力」の高い看護師をめざし
職場で信頼されるリーダーになってほしい

東京医療保健大学 副学長
医療保健学部 看護学科 学科長
助産学専攻科 専攻科長
坂本 すが 教授

医療人としての基盤をつくる4年間

看護学科での4年間は「いのち」に携わる医療人として、その基盤をつくる期間です。これからみなさんは、人間の喜びや悲しみ、強さや弱さと常に向き合うことになります。患者さんを「いのち」そのものとして愛おしみ、向き合うことで自分自身を見つめる。その姿勢が医療人としての心と技術を育てます。患者さんの「いつも自分を見てくれているのは誰?」という問いに、「私です」と答えられる看護師であってほしいと思っています。

職場で信頼されるリーダーの育成

本学科が力を入れている教育に「協働(きょうどう)能力の育成」があります。医療現場では、さまざまな専門職の人たちが共に力を合わせて活動する「チーム医療」が重要です。また、きめ細かなケアを実践していくためには、病院内だけでなく家庭・学校・職場・地域と、看護をとりまく様々な人たちとの連携が必要です。その連携にも、人と人をつなぐ「協働」が求められます。
私はみなさんに、自分の個性を大切にし、自分と違う考え方も認めることができる人間になってほしいと思っています。人間としての多様性をもつことは強さになりますから。そして、「かっこいい人になろう!」ともいいます。高い医療技術と人間性を備えていくのはもちろんですが、「予測する力」と「行動する能力」の高い看護師は、仲間や他の医療専門職からも信頼され、職場をリードしていけます。自分の仕事に誇りと信念を持ち、職場で信頼されるかっこいいリーダーの育成、それがこの学科のめざすところです。

このページの先頭へ