東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 看護学科

講義内容

専門職の教育

看護学科では、社会・医療・看護の変化に対応しながら、現場に根付き社会に貢献できる力をもつ看護人材を育成するためのカリキュラム(教育課程)を準備しています。カリキュラムは、専門職の教育を専門基幹、専門展開、実践統合から構成し、コアとなる能力を養い、それを展開・統合できる力の修得をめざした構成となっています。

カリキュラム:看護学科

講義内容

能動的学習(アクティブ・ラーニング)による実践能力の育成

看護学科では、生涯学び続け、主体的に考え、実践する力を育成します。このため、看護実践の場の見学や専門家とのディスカッション、グループワークやロールプレイ、コンピュータ制御の生体シミュレーターを使用した演習等、学生と教員が相互に知的成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し、解を見いだしていく能動的学習(アクティブ・ラーニング)を多く取り入れています。

主体的な学習を支援するため、e-learning教材である「Nursing Skills Japan」 (ナーシング・スキル日本版)を導入しています。

授業紹介

機能看護学Ⅰ~Ⅳ(Management in NursingⅠ~Ⅳ)

看護がその機能(役割や力)を発揮するために、看護の対象者ではなく、看護職自身に焦点をあてて学ぶ科目です。まず1年次では自分自身をマネジメントする(セルフマネジメント)ことについて学び、2年次では看護専門職として成長・発展するための方法(キャリアマネジメント)を学びます。さらに3年次では優れた実践例を教材として、組織や組織における個人のあり方(組織とマネジメント)について追究します。そして4年次では、組織や看護界全体がどう発展していこうとしているのか(トップマネジメント)について学びます。授業はグループワークを主とし、自分の考えを表現する力、他のメンバーと学び合う力を育成します。

基礎看護援助方法Ⅰ・Ⅱ(Basic for Evidence Based PracticeⅠ・Ⅱ)

1年次では、看護の対象である人の身体と生活の機能を援助するために、その目的と方法の基本的考え方について学びます。多くの対象に共通して活用される「基礎的な身体と生活機能の観察」および「日常生活援助技術を実施する力」について演習を通して学びます。具体的には、バイタルサイン測定の技術やフィジカルイグザミネーション技術、問診・インタビューの方法等について学びます。また、対象者の安全や安楽を守る技術、清潔や排泄の援助技術等の日常生活援助技術について学びます。基礎看護援助方法Ⅱは基礎看護援助実習Ⅰと並行して開講し、学内演習⇒病棟実習⇒学内演習⇒病棟実習というように、「循環型の学び」の形態をとります。

基礎看護援助実習Ⅰ(Clinical Practice in Fundamentals of Nursing Ⅰ)

1年次後期に開講される「基礎看護援助実習Ⅰ」では、基礎看護援助方法Ⅰ・Ⅱで学んだフィジカルイグザミネーション技術や日常生活援助技術を、看護実践の場で実際に体験・実施することをとおして、看護の役割機能を現象のレベルで認識し理解を深めるとともに、援助技術の目的と適応、方法について確認・思考します。これらの学びを通して、生涯にわたる発展の基盤となる援助技術の学び方と、対象者への援助に必要な基礎的知識・技術を学びます。
具体的には、基礎看護援助方法Ⅱと並行して開講し、病棟での看護実践とその振り返り、自己の課題の明確化と課題達成のための計画立案、学びの共有等を行います。

体の仕組みと働きⅠ・Ⅱ(Anatomy and PhysiologyⅠ・Ⅱ)と
解剖生理学演習(Seminar in Anatomy and Physiology)

1年次で開講される「体の仕組みと働きⅠ・Ⅱ」では、基本的な人体の“かたち”と“はたらき”について学びます。これらは病に苦しむ人の苦痛を取り除き、最善の状態にするために必要な知識です。この科目は、1年次で並行して行われる基礎看護援助方法や実習、さらには2年次以降に開講される様々な専門科目や実習の基盤となります。また、3年次前期に開講予定の「解剖生理学演習」では、肺活量や心電図、バイタルサインの測定などを行いながら、人体の働きについて体感できる講義・演習を予定しています。これらの科目を通して、解剖生理学という基礎的な知識に基づいた、確実な看護を提供できる看護職になることをサポートします。

このページの先頭へ