東京医療保健大学
Menu
千葉看護学部 / 看護学科

講義内容

これからの看護職に求められる「論理性」と「統合力」を強化するカリキュラム

カリキュラムは“理論”と“実践”を行き来しながら、理解を深められるよう設定しています。
高度化、複雑化する医療に対応できるようになるため、看護職としての基礎的な幅広い知識・教養に加え「論理性」と「統合力」を強化していきます。

図:4年間の実習の流れ

詳細内容

家族社会学

開講:1年次後期

人間にとっての「家族」の意味を問い直しながら、ライフサイエンスの視点から家族の役割と構造、機能について理解します。時代による家族の概念の変化を捉えながら、社会との関わりの中で現代家族の諸問題を考え、望ましい家族のあり方について考察します。

体の仕組みと働きⅠ~Ⅱ

開講:1年次前後期

人体の構造と機能について理解する科目です。呼吸器系、消化器系、循環器系など、器官系ごとの構造と機能をそれぞれの相互作用も含め学びます。また引き続き演習を行うことで、看護に不可欠なフィジカルアセスメントをより理論的に理解できるようにします。

看護学概論

開講:1年次前期

看護とは何かという基本を講義と演習によって学びます。演習では保育園と病院等、健康度の高低別に2日間ずつ2回臨地に赴き、ケアを提供する立場を経験します。これにより看護のフィールドの多様さを実感するとともに、看護の理解を専門職にふさわしいものへと発展させていきます。

機能看護学Ⅰ~Ⅳ

開講:1年次前期~4年次後期

専門職として自律し、チームに貢献できる能力を身に付けるための学修をします。自分自身をマネジメントすることから開始し、看護職としてのキャリアを継続的に発展させる意義や方法、さらにチーム全体として成果をあげるマネジメントについて理解を深めます。

臨床看護援助論ⅠⅡ

開講:2年次後期

病気をもつ人々を的確にアセスメントしケアするための知識と技術を身に付けるとともに、地域完結型医療に不可欠な急性期から慢性期までの医療・看護ケアを一貫して提供するペイシェントフロー・マネジメントの考え方と具体的な看護方法を学びます。

在宅看護援助論ⅠⅡ

開講:2年次後期~3年次前期

地域包括ケアがめざす「ときどき入院ほぼ在宅」を可能とする在宅ケアのあり方について学びます。在宅ケアの特徴や継続のために必要な知識と技術など、ケアを受ける人々の支援について考え、在宅療養環境と人々のニーズに応じた具体的な看護方法について学びます。

このページの先頭へ