東京医療保健大学
Menu
千葉看護学部 / 看護学科

学びのポイント

地域医療機能推進機構との連携による豊富な臨床現場を活用し、
時代と地域のニーズに合う創造力のある看護職を育成

育てたい人材像

日本の医療は高度化、複雑化し、保健医療サービスを受ける人々のニーズも多様化してきました。これに伴い、看護職には、高度で実践的な臨床能力と、様々な医療専門職が協働する「チーム医療」での中心的役割を担う能力が求められています。2018年4月に開設する東京医療保健大学千葉看護学部は、確かな情報収集力と倫理感をもとに、時代の変遷に敏感に対応できる創造力を養成し、高度な看護アセスメント能力と看護技術を身に付けるために、自己研鑽し続ける看護職を育成します。

4年間で身につけるスキル

専門職としての知識と技術にもとづく自律性の養成

専門知識をもとに確かな看護技術を用いて質の高いケアを提供し、継続的に発展させていこうとする姿勢

チーム医療と地域包括ケアを推進する力の養成

保健医療が提供される仕組みを理解し、サービスを受ける人々を中心として医療者及び他職種と協働しようとするチーム志向性とコミュニケーション及び課題発見・達成能力

さまざまな情報を統合させる能力の強化

起きている現象を多角的にとらえ、専門知識をもとにタイムリーに判断できる力

地域の特性や政策を察知し、ニーズに応える創造力の養成

保健医療サービスを受ける人々に真摯に向き合い、よりよい環境を提案し意思決定を支えるための現状分析と総合判断力

学びのサポート体制

授業は複数分野の教員がコラボレーション

授業は複数分野の教員がコラボレーションしながら展開することが特徴です。例えば、「終生期看護援助論」の授業では、臨床看護学、老年・在宅看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学などの教員が協力して授業を行います。

生活や勉強は担当アドバイザーが4年間を通して対応

少人数に分けたグループに担当アドバイザーがつきます。4年間を通して学生生活や国家試験、進路相談などに対応します。

実習施設

地域医療を推進する地域医療機能推進機構のネットワークを活かした実習先

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)は、病院はもちろん、病院外の医療と介護のシームレスな提供に力を入れ、多様なヘルスケアニーズに応えています。どの病院も時代や社会の要請にこたえてきた地域の中核医療機関です。千葉看護学部は、このJCHO病院とそのネットワークを最大限に活用した学びを展開する予定です。高度急性期から訪問看護等まで包括的に医療を提供するJCHO病院との協働を基盤に、病院だけに限らず、“多様な場にいるすべての人”を看護するための看護学教育を実現します。

このページの先頭へ