東京医療保健大学
Menu
医療保健学部 / 医療情報学科

在学生の声

医療と情報技術を結びつける授業がたくさん
資格取得もバックアップしてくれます

写真:庄司 慎之介
医療情報学科 4年
庄司 慎之介

1年次は医療と情報の基本を身に付け、2年次から演習や実験が多くなります。中でも印象的だったのが「生体情報演習」です。体温、血圧、心電図などの生体情報の信号発生メカニズムなどを学び、医療と情報の結びつきを体験することができました。この授業をきっかけに生体と情報の接点に興味が湧いてきて、生体情報にかかわるゼミに所属。ゼミでは病院見学があり、病院のIT構造や疾病について学びました。また2、3年次には資格取得に力を入れ、「ITパスポート」「医療情報基礎知識検定」、そして「医療情報技師」の資格を取得。これから「診療情報管理士」の資格取得にも挑戦する予定です。授業だけで資格取得のために必要な知識が身に付けられ、先生がサポートしてくれるのも、本学科の強みだと思います。

診療情報管理士の仕事を体験
がん登録の最新の分類法を実践しました

写真:工藤 倫世
医療情報学科 4年
工藤 倫世

医療情報学科では、電子医療機器や医療システム開発などのIT関連企業での「企業実習」と、病院内で必要な情報管理技術について学ぶ「病院実習」があります。私は病院で仕事がしたいと考えていたので、「病院実習」を選択しました。実習先の病院は、がん登録連携病院で、登録対象腫瘍を判別可能な形に分類して登録(コーディング)する必要があります。そのために診療情報管理士が行う国際的に統一された方式で、腫瘍を系統的に分類。実習では、最新の分類法であるICD-O-3を利用しての登録に携わることができました。実際に腫瘍の身体内の位置、顕微鏡で調べたときの腫瘍の形状など必要な情報を電子カルテから抽出。また、外科のカンファレンスにも参加させていただいたことも貴重な経験になりました。将来は、在学中に取得した「診療情報管理士」「医療情報技師」の資格を活かし、医療情報をわかりやすく伝える役割を担えたらと思っています。

このページの先頭へ