東京医療保健大学
Menu

研究・成果

研究成果

医療情報学科4年生が独立行政法人産業技術総合研究所と共同の卒業研究で「ライフサポート学会奨励賞」を受賞

医療保健学部医療情報学科4年生の秋元麻樹さんが、ライフサポート学会から奨励賞を授与され、

その内容を同学会フロンティア講演会(2015年3月5日開催)で発表いたしました。

研究テーマは「大きめの靴が子どもの歩容に与える影響」(指導教員:今泉一哉准教授)で、この研究は

独立行政法人産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センターと共同で行われたものです。

なお、秋元麻樹さんは研究活動に加えて地域でのボランティア活動も積極的に行っており、この功績をたたえ、

3月7日に挙行された学位記授与式において、「理事長賞」を授与されています。

 

 (参考URL)独立行政法人産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センター

http://www.dh.aist.go.jp/jp/news/

このページの先頭へ