東京医療保健大学
Menu

社会人講座

社会人講座

感染制御学教育研究センター活動実績

A. 実践的教育の推進

1.感染制御実践看護学講座 受講者数
2021年度   23名(13都道府県)
2020年度   22名(17都道府県)
2019年度   25名(14都道府県)
2018年度   24名(14都道府県)
2017年度   21名(13都道府県)
2016年度   17名(10都道府県)
2015年度   23名(14都道府県)
2014年度   20名(11都道府県)
2013年度   20名(11都道府県)
2012年度   23名(19都道府県)
2011年度   13名( 9都道府県)
2010年度   19名(14都道府県)

2.感染制御学企業人支援実践講座 受講者数
2021年度   2名
2020年度 コロナ禍で中止
2019年度   5名
2018年度 募集停止
2017年度   6名
2016年度 募集停止
2015年度   7名
2014年度   6名
2013年度   12名

B. 研究成果

原著論文(英文)

【2022年】
1. Y. Suenaga, H. Kawano, T. Takamatsu, Y. Matsumura, N. Ito, A. Iwasawa, A. Okino, Ultrasonic‐Combined Plasma Bubbling for Adherent Bacteria Disinfection on Medical Equipment. Plasma Chem. Plasma Process. 2022. https://doi.org/10.1007/s11090-022-10241-7.
【2021年】
1. Y. Suenaga, T. Takamatsu, T. Aizawa, S. Moriya, Y. Matsumura, A. Iwasawa, A. Okino, Plasma Gas Temperature Control Performance of Metal 3D-Printed Multi-gas Temperature-controllable Plasma Jet, Applied Sci. 2021; 11 (24): 11686 (1-9).
2. Y. Suenaga, T. Takamatsu, T. Aizawa, S. Moriya, Y. Matsumura, A. Iwasawa, A. Okino, Influence of Controlling Plasma Gas Species and Temperature on Reactive Species and Bactericidal Effect of the Plasma, Applied Sci. 2021; 11(24), 11674 (1-10).
3. Kaji, Y. Matsumura, A. Iwasawa, S. Kimura, A. Iwama, Rapid detection of bacteria that produce extended-spectrum β-lactamase by matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry. J. Glob. Antimicrob. Resist. 2021; 27, 309-301.
【2020年】
1. Makino, Y. Matsumura, A. Iwasawa, Antimicrobial Photodynamic Inactivation for Listeria monocytogenes using 5-aminolevulinic Acid. ALA-Porphyrin Sci. 2020; 9(1), 29-35.
2. K. Imai, S. Kimura, Y. Kiryu, A. Watanabe, E. Kinai, S. Oka, Y. Kikuchi, S. Kimura, M. Ogata, M. Takano, R. Minamimoto, M. Hotta, K. Yokoyama, T. Noguchi, K. Komatsu. Neurocognitive dysfunction and brain FDG-PET/CT findings in HIV-infected hemophilia patients and HIV-infected non-hemophilia patients. PLos ONE 2020; 5 (3), e0230292.
【2019年】
1. Y. Niwano, A. Iwasawa, K. Tsubota, M. Ayaki, K. Negishi, Protective effects of blue light-blocking shades on phototoxicity in human ocular surface cells. BMJ Open Ophthalmology 2019; 0, e000217.
【2018年】
2. H. Kawano, T. Takamatsu, Y. Matsumura, H. Miyahara, A. Iwasawa, A. Okino, Influence of Gas Temperature in Atmospheric Non-Equilibrium Plasma on Bactericidal Effect. Biocontrol Sci. 2018; 23 (4), 167-175.
【2016年】
1. T. Takamatsu, H. Kawano, Y. Sasaki, K. Uehara, H. Miyahara, Y. Matsumura, A. Iwasawa, T. Azuma, A. Okino. Imaging of the Staphylococcus aureus inactivation process induced by a multigas plasma jet. Curr Microbiol. 2016; 73, 766-772
2. K. Wada, T. Yoshikawa, J. J. Lee, T. Mitsuda, K. Kidouchi, H. Kurosu, Y. Morisawa, M. Aminaka, T. Okubo, S. Kimura, K. Moriya. Sharp injuries in Japanese operating theaters of HIV/AIDS referral hospitals 2009-2011. Industrial Health 2016; 54, 224-229.
【2015年】
1. M. Ogishi, H. Yotsuyanagi, T. Tsutsumi, H. Gatanaga, H. Ode, W. Sugiura, K Moriya, S. Oka, S. Kimura, K. Koike. Deconvoluting the composition of low-frequency hepatitis C viral quasispecies: comparison of genotypes and NS3 resistance-associated variants between HCV/HIV coinfected hemophiliacs and HCV monoinfected patients in Japan. PLoS One 2015; 10 (3), e0119145.
【2013年】
1. N. Tsurushima, H. Kobayashi, T. Kajiura, R. Yoshida, T. Shimizu, S. Asaoka, H. Ikeda; Suture Biological Indicator for the Narrow Channels of Medical Instruments. JHAI 2013; 6(1): 31-34.
2. T. Yoshikawa, K. Wada, J.J. Lee, T. Mitsuda, K. Kidouchi, H. Kurosu, Y. Morisawa, M. Aminaka, T. Okubo, S. Kimura, K. Moriya; Incidence rate of needlestick and sharps injuries in 67 Japanese hospitals: a national surveillance study. PLos ONE 2013; 8 (10), e77524.

原著論文・短報(和文)

【2022年】
1. 松村有里子, 岩澤篤郎, 加地大樹, 岩間暁子, 中西秀行, 小澤茂樹, 沖野晃俊; 日本国内における紙幣および貨幣に付着した微生物の実態調査, 日本防菌防黴学会誌 2022; 50 (1): 3-11. 
【2021年】
1. 小野聖子, 菅原えりさ, 木村哲; 感染制御チーム(ICT:infection control team)の病院清掃受託事業者への関与と連携の実態. 医療関連感染 2021; 14 (2): 28-39. (原著論文)
2. 佐藤美加, 菅原えりさ, 佐伯康弘, 木村哲;透析患者の感染症発症リスク要因に関する研究. 医療関連感染 2021; 14 (2): 40-50.
3. 石幡理絵, 菅原えりさ, 木村哲;プロバイオティクス食品の摂取および温水洗浄便座の使用と切迫早産の関連について. 医療関連感染 2021; 13 (2): 28-37.
【2020年】
1. 河野雅臣, 福田治久, 藤久保美紀, 佐伯康弘, 菅原えりさ, 木村哲; 無菌的処置による歯内療法の費用対効果分析-歯内療法にはどれほどの価値があるのか-. 日本歯内療法学会雑誌 2020; 41 (2): 91-102.
2. 鎌田明, 菅原えりさ, 梶原工, 木村哲; 患者清拭用木綿製タオルの電子レンジ処理による殺菌効果. 医療関連感染 13 (1): 8-15, 2020.
【2019年】
1. 四柳宏, 塚田訓久, 三田英治, 遠藤知之, 潟永博之, 木村哲; HIV感染者のC型慢性肝炎に対するソホスブビルを用いた経口抗HCV療法. 日本エイズ学会雑誌 2019; 21 (1): 27-33.
2. 加藤妙子, 吉田理香, 松村有里子, 梶浦工, 菅原えりさ, 岩澤篤郎, 大久保憲, 木村哲; ウォッシャーディスインフェクターの洗浄評価に使用される洗浄インジケータの特性に関する検討. 医療関連感染 2019; 12 (1): 25-32.
3. 片渕盛将, 飯島広和, 渡部和巨, 松村有里子, 岩澤篤郎, 木村哲; in vitroでの塩化ベンザルコニウムの殺菌効果に対するクロスの影響. 医療関連感染 2019; 12 (1): 33-43.
4. 池ヶ谷 佳寿子、松村 有里子、島 圭介、岩澤 篤郎、木村 哲、土屋 憲; 質量分析法を用いた基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生菌検出の検討. 日本化学療法学雑誌 2019; 67(1): 29-37.
【2018年】
1. 早川千亜妃, 梶原工, 菅原えりさ, 木村哲; 医療施設等の環境清拭清浄化に適用される低水準消毒薬の清拭表面上の殺菌活性とその残留活性. 医療関連感染 2018; 11 (2): 39-45.
2. 佐々木みゆき, 菅原えりさ, 木村哲; 感染制御における外部相談先の有無による介護福祉士の感染制御行動に及ぼす影響にいて. 医療関連感染 2018; 11 (1): 14-26.
【2017年】
1. 千草尚, 大川猛, 横田昌弘, 二階堂勝, 松村有里子, 岩澤篤郎; 次亜塩素酸水のpHおよび有効塩素量が及ぼす殺菌効果と腐食性への影響.日本防菌防黴学会誌2017; 45(12): 585-593.
2. 森本翔太, 梶浦工, 菅原えりさ, 木村哲; 血管内留置カテーテルのバイオフィルム形成量評価のための生体内模擬培養液組成の検討. 医療関連感染 2017; 10(1): 18-27.
3. 石川泰嗣, 吉田理香, 大久保憲; 遠赤外線照射による EOG 滅菌後のエアレーション時間短縮効果の検討. 医療関連感染 2017; 10(1): 38-45.
4. 西川美由紀,菅原えりさ,梶浦工,小林寬伊; 医療用ニトリルゴム手袋の引張強さに及ぼすアルコール手指衛生の影響 医療関連感染 2017; 10 (1): 1-8.
【2016年】
1. 別宮尚美,吉田理香,小林寬伊,梶浦 工; エチレンオキサイドガス滅菌後の医療用プラスチックにおけるエアレーション時間の予測. 医療関連感染 2016; 9(2): 33-41.
2. 岩澤篤郎, 松村有里子; 生体消毒薬の抗微生物効果と細胞毒性. 医療関連感染 2016; 9(1): 1-13.
3. 田中加津美, 吉田理香, 小林寬伊, 清水俊明, 住谷健二; 我が国で汎用される止血鉗子の力学的性能評価に関する検討. 医療関連感染 2016; 9(1): 23-31.
4. 木村哲; 全国保健所等におけるHIV抗体検査件数と新規HIV感染者報告数の関連. 日本エイズ学会誌 2016; 18 (1): 79-85.
【2015年】
1. 河瀬 里美, 菅原えりさ, 梶浦 工, 黒須一見, 小林寬伊; 医療従事者の手指から検出される芽胞形成菌に関する検討. 医療関連感染 2015; 8(2): 43-53.
2. 高橋陽一, 吉田理香, 小林寬伊; 過酢酸の蒸気濃度測定~過酢酸ガス検知器による実験的個人曝露濃度測定~. 医療関連感染 2015; 8(2): 54-62.
3. 小林義正, 小林寬伊, 梶浦工, 菅原えりさ. 次亜塩素酸ナトリウム含浸環境清拭クロスの残留塩素濃度に関する検討. 医療関連感染 2015; 8(1): 17-26.
4. 石井幸, 小林寬伊, 梶浦工, 菅原えりさ; 患者動作運動モデルを用いたシーツを介した細菌透過に関する検討. 医療関連感染 2015; 8(1): 27-30.
5. 久地井寿哉, 柿沼章子, 岩野友里, 藤谷順子, 大金美和, 大平勝美, 木村哲; ICF(国際生活機能分類)コアセット7項目版尺度の信頼性と因子妥当性の検証-血液凝固因子製剤によるHIV感染被害者を対象とした分析-. 日本エイズ学会誌 2015; 17 (2): 90-96.
【2014年】
1. 神明朱美, 小林寬伊, 梶浦工, 吉田理香; 病棟におけるノンクリティカル器材の小型食器洗浄機による清浄化. 医療関連感染 2014; 7(2): 37-44.
2. 鈴木美千代, 小林寬伊, 梶浦工, 吉田理香; 低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌における滅菌コンテナーの実用性の検証. 医療関連感染 2014; 7(2): 45-52.
3. 萱島すが, 小林寬伊, 吉田理香; 現業を継続しつつ受講する感染制御 6ヵ月研修の成果に関する検討. 医療関連感染 2014; 7(2): 53-60.
4. 菅原えりさ, 梶浦 工, 竹内千恵, 小林寬伊; 医療処置・ケア場面における手指の接触部位に関する検討. 医療関連感染 2014; 7(2): 66-70.
5. 森山由紀,小林寬伊,菅原えりさ; ビデオカメラによる手指衛生遵守率の評価に関する検討. 医療関連感染 2014; 7(1): 24-31.
【2013年】
1. 塩野徳史, 金子典代, 市川誠一, 山本政弘, 健山正男, 内海眞, 木村哲, 生島嗣, 鬼塚哲郎;MSM(Men who have sex with men)におけるHIV抗体検査受検行動と受検意図の促進要因に関する研究. 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 639-650.
2. 森山由紀, 小林寬伊, 梶浦工, 吉田理香; 10 秒間の短時間手洗いについての検討~一般人と医療従事者との比較~. 医療関連感染 2013; 6(2): 40-43.
【2012年】
1. 大沢幸嗣, 本間佳子,松元俊,木村哲;実地講習会による輸液ポンプ・シリンジポンプのインジデント削減の効果とその評価. 日本医療マネジメント学会雑誌 2012; 13 (2): 65-69.

このページの先頭へ