東京医療保健大学
Menu

教員データベース

秋山 美紀 AKIYAMA MIKI

所属
  • 医療保健学部 看護学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 准教授
学位・資格 博士(保健学) / 看護師、保健師
担当科目 精神保健論
精神看護援助論
精神看護学実習
看護研究
看護の統合と実践Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
キャリア教育Ⅰ
看護学概論
看護実践開発特論Ⅰ(大学院)

研究テーマ

看護師のレジリエンスを高めるサポートシステムに関する研究。患者の強みを活かすための臨地実習指導について。タイダルモデルの活用と普及について。家族介護者のストレスとコーピング、ウェルビーイングについて。

最近の業績または代表的な業績

 論文・著書

1.繁田悦宏, 沼初枝, 秋山美紀 Part2. 精神機能の把握, p8-30.精神神経疾患ビジュアルブック学研メディカル秀潤社,東京, 2015.

2.Miyamoto Y, Hashimoto-Koichi R, Akiyama M, Takamura S. Mental health and social service needs for mental health service users in Japan: A cross-sectional survey of client- and staff-perceived needs. International Journal of Mental Health Systems. 2015; 9:19.doi:10.1186/s13033-015-0009-7.

3. Miyamoto Y, Koichi R, Akiyama M, Takamura S. Social Support and Health-Related Quality of Life among Mental Health Service Users in Japan. SOJ Psychol 1(4): 1-8, 2014.

4. 近藤浩子、阿達瞳、秋山美紀、林世津子:精神看護学実習における学生のポジティブ体験とその要因に関する研究、東京医療保健大学紀要Vol.8(1)、9-19、2013.

5. Miyashita M, Narita Y, Sakamoto A, Kawada N, Akiyama M, Kayama M, Suzukamo Y, Fukuhara S. Health-related quality of life among community-dwelling patients with intractable neurological diseases and their caregivers in Japan. Psychiatry Clin Neurosci. 2011; 65(1): 30-8. PMID: 21105961

6.  秋山美紀. スタッフの「立ち直る力」を育てる!レジリエンス講座, 看護主任業務, vol.24, 3. 2015.

 

学会発表等

1.Akiyama M, Tanaka E, Tsuchiya Y, Hirano Y, Ohbu S. Resilience in Bereaved Families Caring for ALS Patients Receiving Invasive Ventilation in Japan, the Fourth World Congress on Positive Psychology, in Orlando, FL, USA, June 25 -28, 2015. 

2.秋山美紀、林世津子、阿達瞳、廣島麻揚 近藤浩子 精神看護学実習において臨地実習指導者が活かしているストレングス(強み)に関する研究, 第4回日本ポジティブサイコロジー医学会, 東京, 2015.11.28.

3.秋山美紀、久世浩司、筒井千春、廣島麻揚、近藤浩子 看護師のレジリエンスを高めるためのセルフケア ‐ポジティブ心理学の技法を用いて‐第35回日本看護科学学会学術集会, 交流集会, 広島, 2015.12.5.

4. Akiyama M, Miyashita M, Miyamoto Y, Inoue A, Tachimori H, Ota A, Kayama M, Suzukamo Y, Fukuhara S. Burden, Health-related quality of life, and Gain of Social support among Family caregivers of Stroke patients. The 7th European Conference on Positive Psychology (ECPP) in Amsterdam, 2014.

専門領域での活動

1. 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所 研究員

2. 日本ポジティブサイコロジー医学会評議員

3. IPPA(International Positive Psychology Association)会員

4. 日本精神保健看護学会編集委員

5. 日本看護科学学会査読委員

 学生へのメッセージ

ひとの幸福について興味があります。皆が幸福になっていけるために、私たちはどうしたらよいか一緒に考えていきましょう。精神看護のやりがいや楽しさを学生の皆さんに感じていただけたら、すごく幸せです。ポジティブ心理学をどう看護に応用するか日々考えています。

このページの先頭へ