東京医療保健大学
Menu

トピックス

お知らせ

和歌山看護学部看護学科(仮称)新設構想中

和歌山看護学部 看護学科 (仮称) 設置構想について
 
 2018年(平成30年)4月に入学定員90名の看護学部を和歌山県和歌山市中心部に新キャンパスを設置する構想で設置申請の準備をしています。
 ※新学部の構想概要は計画中のものであり、変更する場合があります。
 
 
“最先端の看護師育成教育環境で様々な医療ニーズの変化に対応できる質の高い看護師を育成する。”
 
■和歌山看護学部の4つの特色
 
1. 4年制大学で高度な看護実践能力を育成します。
 現代の高度化・複雑化している医療現場では、より高い技能や専門性、総合的な視野・教養が求められています。ニーズに対応すべく4年間の学びを通して、「いのち」に携わる医療人としての基盤をつくり、新しい時代の医療専門職をつくります。
 
2. 確かな技術と知識を培うカリキュラムを学修できます。
 東京医療保健大学は全国最大規模の年間300人余の看護師を育成する大学です。
 確かな実績があるカリキュラムを通して、豊かな知識・人間性が身に付きます。
 
3. 看護師と保健師の国家試験受験資格が取得可能であり、更に養護教諭の資格も取得可能。
(※保健師・養護教諭は選択制となります。)
 看護教育の経験豊富な教員による多様な教育方法を提供し、合格までしっかりサポートします。
 更に学校の保健室の先生等の就職先に結びつく、養護教諭の資格も取得可能なカリキュラムを準備しています。
 
4. 地元に進学して、地元に就職したいという皆さんのニーズにお応えします。
 キャンパスは和歌山市内の中心部に設置される予定のため、これまで機会の少なかった地元への大学進学、卒業後の就職ができる「地学地就」が実現します。
■和歌山看護学部(仮称)の主な実習先
 
日本赤十字社和歌山医療センター
(明治38年設立)
許可病床数 873床
(和歌山県内最大数・最大規模)
 
 日本赤十字社和歌山医療センターは設立以来111年地域の基幹病院として先駆的に高度な医療を推進している病院です。災害時には和歌山県総合災害拠点病院として、災害医療活動を展開しています。
 また、国際医療救援等グローバルに活動している等実習先として理想的な環境を整えています。
 
■奨学金制度等
 
・医療機関からの支援
主な実習先である日赤和歌山医療センターをはじめとした県内の病院他から各種奨学金の支援
・和歌山県及び和歌山市からの支援
和歌山県及び和歌山市の各種奨学金等の支援
上記支援等を、希望する多くの方が利用できるように、現在各方面との折衝を進めています。
 
■キャンパスについて
 
・雄湊キャンパス
(1・2年次生用キャンパス)
 平成28年度末で閉校予定の和歌山市立雄湊小学校の施設を活用して開設する予定のキャンパス。
 1・2年次生の2年間を過ごし、教養科目を中心に学びます。
 
・日赤和歌山医療センターキャンパス
(3・4年次生用キャンパス)
 日本赤十字社和歌山医療センターに隣接する和歌山赤十字看護専門学校の施設を活用して開設する予定のキャンパス。
 3・4年次生の2年間を過ごし、看護実習等を中心に学びます。
■取得可能な資格  ※指定学校申請予定
 
・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格(選択制)
・養護教諭1種免許(選択制)
・養護教諭2種免許(選択制)
・衛生管理者(保健師免許取得後、申請により取得可能)
 
■設置概要
 
・雄湊キャンパス
和歌山県和歌山市東坂ノ上丁3番地
 
・日赤和歌山医療センターキャンパス
和歌山県和歌山市小松原通四丁目20番地
 
入学定員:90名
修業年限:4年
開設時期:2018年(平成30年) 4月
学位:学士(看護学)
 
■お問い合わせ先
 
学校法人 青葉学園  東京医療保健大学
和歌山看護学部(仮称) 設置準備室
 
〒640-8558
和歌山県和歌山市小松原通四丁目20番地
日本赤十字社和歌山医療センター内
TEL: 0 7 3 – 4 3 5 – 5 8 1 9
FAX: 0 7 3 – 4 2 7 – 3 0 9 3
このページの先頭へ