東京医療保健大学
Menu

教員データベース

北島 幸枝 KITAJIMA YUKIE

所属
  • 医療保健学部 医療栄養学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 准教授
学位・資格 栄養学博士
管理栄養士
病態栄養認定管理栄養士 健康運動指導士
担当科目 応用栄養学Ⅰ
応用栄養学Ⅱ
応用栄養学実習Ⅰ
応用栄養学実習Ⅱ
献立作成演習
協働実践演習
総合演習Ⅰ 総合演習Ⅱ 卒業研究 教職実践演習

研究テーマ

腎不全患者の栄養管理

最近の業績または代表的な業績

【論文・著書】

(原著)

  1. Efficacy of crushed lanthanum carbonate for hyperphosphatemia in hemodialysis patients undergoing tube feeding,Nephrology Dialysis Transplantation Plus 2011(4);253–255
  2. Chronic hemodialysis patients with visceral obesity have a higher risk for cardiovascular events Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition 2011;20(1):109-117

(総論) 

  1. 透析患者の食生活聞き取りのコツと栄養指導,NutritionCare誌 大阪:株式会社メディカ出版 2015(編者)

  2. 栄養科学イラストレイテッド応用栄養学 東京:羊土社 2014

  3. 応用栄養学実習ワークブック 京都:みらい 2013
  4. エキスパート管理栄養士養成シリーズ臨床栄養学 栄養ケアとアセスメント編 京都:化学同人 2012
  5. 腎不全医療における栄養管理の基礎知識 東京:日本メディカルセンター 2011

(学会発表等)

  1. 維持血液透析患者の握力の変化と栄養状態との関係 第59回(社)日本透析医学会学術集会・総会 2014
  2. Nutritional management with geriatric nutritional risk index (GNRI) and change of weight in elderly hemodialysis patients 36st ESPEN 2014
  3. 高齢透析患者の食事療法とは~患者を支える家族とのかかわり~ 第58回(社)日本透析医学会学術集会・総会 2013
  4. Relationship of Nutritional Intake and Body Composition for Undergoing Stable hemodialysis American Society of Nephrology Kidney Week 2013
  5. 患者の状態に応じた「食べる」指導の必要性 第35回日本臨床栄養学会総会第34回日本臨床栄養協会総会第11回大連合大会 2013

専門領域での活動

  • 日本腎不全栄養研究会 常任幹事
  • 日本栄養改善学会 評議員
  • 日本病態栄養学会 評議員
  • 社団法人日本栄養士会会員
  • 日本臨床栄養協会会員
  • 日本健康運動指導士会会員
  • 日本脂質栄養学会会員
  • 日本透析医学会会員
  • 日本静脈経腸栄養学会

学生へのメッセージ

大学での勉学および活動を含めたすべての社会とのかかわりから獲得した知識が、将来の「あなた」の土台となります。自己研鑽に努め、多方面とのつながりを大切にし前進していきましょう。

このページの先頭へ