東京医療保健大学
Menu

教員データベース

清水 雅富 SHIMIZU MASATOMI

所属
  • 医療保健学部 医療栄養学科
職位 准教授
学位・資格 博士(学術) / 管理栄養士
担当科目 生物Ⅱ
微生物学
微生物学実験
食品学実験 II
生化学Ⅰ・Ⅱ
総合演習Ⅱ
卒業研究

研究テーマ

Ames試験を用いた食品・天然物由来の新規変異原物質の検索。YファミリーDNAポリメラーゼの生化学的解析。ミトコンドリアDNAの突然変異を指標とした各種栄養素が生体内に及ぼす影響。

最近の業績または代表的な業績

【論文】

  1. Exclusive induction of G:C to A:T transitions by 3-azido-1,2-propanediol in yeast. Grúz P, Sassa A, Hosoda A, Yamagishi H, Usui Y, Shimizu M. Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen. 2014 Jan 15;760:73-6.
  2. Potent immunomodulating effects of bran extracts of traditional Japanese millets on nitric oxide and cytokine production of macrophages (RAW264.7) induced by lipopolysaccharide., Hosoda A, Okai Y, Kasahara E, Inoue M, Shimizu M, Usui Y, Sekiyama A, Higashi-Okai K., J UOEH. 2012 Dec 1;34(4):285-96.
  3. Escherichia coli DNA polymerase III is responsible for the high level of spontaneous mutations in mutT strains., Yamada M, Shimizu M, Katafuchi A, Grúz P, Fujii S, Usui Y, Fuchs RP, Nohmi T., Mol Microbiol. 2012 Dec;86(6):1364-75.
  4. Origins of age-related DNA damage and dietary strategies for its reduction., P. Grúz, M. Shimizu., Rejuvenation Research, 13(2-3), 285-287 (2010).
  5. Efficient and erroneous incorporation of oxidized DNA precursors by human DNA polymerase eta., Shimizu M., Gruz P., Kamiya H., Masutani C., Xu Y., Usui Y., Sugiyama H., Harashima H., Hanaoka F., Nohmi T., Biochemistry.2007 May 8;46(18): 5515-22.

【学会発表】

  1. ω‐3系多価不飽和脂肪酸の過酸化反応から生成されるアルデヒド類による変異原性試験:グルーズ・ピーター、清水雅富、杉山圭一、本間正充:第43回日本環境変異原学会,2014年12月4日-5日,東京
  2. 出芽酵母を用いた脂質過酸化物から誘導される突然変異の解析:高橋文太、三瓶謙斗、福永友紀、細井香菜、和田真実、細田明美、ピーターグルーズ、碓井之雄、清水雅富:第85回日本生化学会大会,2012年12月14日-16日,福岡 
  3. 脂質過酸化物4-oxo-2-nonenalは出芽酵母の突然変異を誘導する:清水雅富、高橋文太、三瓶謙斗、福永友紀、細井香菜、和田真実、細田明美、ピーターグルーズ、碓井之雄:第35回日本分子生物学会年会,2012年12月11日-14日,福岡 
  4. LPS刺激によるマクロファージからの炎症性メディエーター産生におよぼすカルノシンの影響:細田明美、矢部義人、薩秀夫、清水雅富、清水誠、佐伯茂、碓井之雄:第66回日本栄養食糧学会,2012年5月18日-20日,宮城
  5. The major lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal induces mutations in Saccharomyces cerevisiae.:松崎光平、藤井未来、紺野奈沙、平山裕美、森由利香、和田真実、細田明美、グルーズピーター、碓井之雄、清水雅富: 第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月13日-16日, 横浜
  6. マクロファージからの炎症性メディエーター産生に対するフラボノイドの影響: 細田明美、川名加織、薩秀夫、清水雅富、清水誠、佐伯茂、碓井之雄: 第65回日本栄養食糧学会, 2011年5月13日-15日, 東京

専門領域での活動

  1. 日本栄養士会会員
  2. 日本栄養・食糧学会会員
  3. 日本分子生物学会会員
  4. 日本生化学会会員

学生へのメッセージ

栄養学はまだまだわからないことがたくさんあります。わからないことがあるということは、新しい何かを見つけるチャンスにもなります。栄養学を勉強し、その新しい何かを一緒に見つけましょう。

このページの先頭へ