東京医療保健大学
Menu

教員データベース

清水 雅富 SHIMIZU MASATOMI

所属
  • 医療保健学部 医療栄養学科
職位 准教授
学位・資格 博士(学術) / 管理栄養士
担当科目 生化学Ⅰ・Ⅱ
生化学実験Ⅰ・Ⅱ
総合演習Ⅱ
卒業研究

研究テーマ

多価不飽和脂肪酸摂取による細胞内アルデヒド蓄積度合と遺伝毒性・細胞毒性との関連性
Ames試験を用いた食品・天然物由来の新規変異原物質の検索
鉄欠乏状態がエネルギー代謝に及ぼす影響

最近の業績または代表的な業績

【論文】

  1. Effect of episomally encoded DNA polymerases on chemically induced mutagenesis at the hisG46 target in Ames test. Grúz P, Shimizu M, Yamada M, Sugiyama KI, Honma M. Genes Environ. 2020; 42: 14. PMID: 32211083
  2. Effect of hepatic lipotoxicity induced by iron deficiency in rats. Shimizu M, Okazaki H, Grúz P, Ikeda M, Yamagishi H.  2018年度東京医療保健大学紀要第13巻第1号43-49. 
  3. Opposing roles of Y-family DNA polymerases in lipid peroxide mutagenesis at the hisG46 target in the Ames test. Grúz P, Shimizu M, Yamada M, Sugiyama KI, Honma M. Mutat Res. 2018 829-830:43-49. PMID:28622825
  4. Mutagenicity of ω-3 fatty acid peroxidation products in the Ames test. Grúz P, Shimizu M, Sugiyama KI, Honma M. Mutat Res. 2017 819:14-19. PMID: 28622825
  5. Epigenetic mutagen as histone modulator can be detected by yeast flocculation. Sugiyama KI, Furusawa H, Shimizu M, Grúz P, Honma M. Mutagenesis. 2016 Nov;31(6):687-693.PMID:27549112

 

【学会発表】

  1. 各種脂肪酸摂取比率が生体内代謝に及ぼす影響:清水雅富、台蔵彩子、川田憲一、小城明子、グルーズピーター:第42回日本分子生物学会年会 2019年12月3日-6日 福岡
  2. Mechanisms of mutagenicity of ω-3 fatty acid peroxidation products:Petr Grúz, Masatomi Shimizu, Masami Yamada, Kei-ichi Sugiyama and Masamitsu Honma:アジア環境変異原学会第6回大会/日本環境変異原学会第48回大会 2019年11月18日-19日 東京
  3. 鉄摂取不足がエネルギー代謝に及ぼす影響:清水雅富、岡崎英規、川田憲一、山岸博之:第92回日本生化学会大会 2019年9月18日-20日 横浜
  4. 脂肪酸摂取比率の違いが生体に及ぼす影響:清水雅富、台蔵彩子、有村美紀、小城明子、グルーズ ピーター:第91回日本生化学会大会 2018年9月24日-26日 京都
  5. 迅速簡便かつ効率的なエピジェネティック変異原検出技術:杉山圭一、古沢博子、木下麻緒、清水雅富、グルーズ ピーター、本間正充:第91回日本生化学会大会 2018年9月24日-26日 京都

 

専門領域での活動

  1.  日本栄養士会会員
  2.  日本栄養・食糧学会会員
  3.  日本分子生物学会会員
  4.  日本生化学会会員
  5.  日本クリニカルパス学会会員

 

学生へのメッセージ

栄養学はまだまだわからないことがたくさんあります。わからないことがあるということは、新しい何かを見つけるチャンスにもなります。栄養学を勉強し、その新しい何かを一緒に見つけましょう。

このページの先頭へ