東京医療保健大学
Menu

教員データベース

小城 明子 KOJO AKIKO

所属
  • 医療保健学部 医療栄養学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 教授
学位・資格 管理栄養士 / 博士(学術) / 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士 / 日本栄養士会TNT-D認定管理栄養士 / 日本咀嚼学会認定健康咀嚼指導士
担当科目 臨床栄養学Ⅰ・Ⅱ / 臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ / 臨地実習Ⅱ / 総合演習Ⅰ/ 卒業研究
総合人間栄養学特論 / 研究演習Ⅰ・Ⅱ

研究テーマ

給食施設における摂食機能に適切な食物形態の食事提供に関する研究 / 形態調整食による口腔内刺激の医学的効果に関する研究 / 歯科疾患と食習慣に関する研究

最近の業績または代表的な業績

 

【主な著書】

  1. 小城明子監修:老化と摂食・嚥下,医療情報科学研究所編集,栄養士・管理栄養士のためのなぜ?どうして? 6 基礎栄養学/応用栄養学,メディックメディア,東京,2016.
  2. 小城明子:第25章 摂食機能の障害,明渡陽子,長谷川輝美,山﨑大治編著,カレント臨床栄養学,建帛社,東京,2015,pp.270-280.
  3. 柏井伸子,小城明子:おいしく食べておだいじに! 歯科治療中のやさしいごはん.東京:クインテッセンス出版 2013;12,18, pp.19-64.
  4. 藤谷順子,宇山理紗,大越ひろ,栢下 淳,小城明子,高橋浩二,前田広士,藤島一郎,植田耕一郎:日本摂食・嚥下リハビリテーション学会「嚥下調整食分類2013」,日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌,17(3),255-267,2013.
  5. 小城明子:摂食・嚥下機能低下と栄養サポート,下田妙子編,カラー図解 高齢者の栄養管理ガイドブック,文光堂,東京,2010,pp.10-18.

 

【主な論文】

  1. Akiko Kojo, Kentaro Yamada, Toshiharu Yamamoto:Glucose transporter 5 (GLUT5)-like immunoreactivity is localized in subsets of neurons and glia in the rat brain. Journal of Chemical Neuroanatomy,74,55-70,2016 ( in press).
  2. 小城明子,竹内由里,中久木康一,黒原一人:顎変形症患者における顎矯正手術および顎間固定施行後の咬合力と食物・栄養摂取状況.日本顎変形症学会雑誌,26(1),9-17,2016.
  3. 宇山理紗,藤谷順子,大越ひろ,栢下淳,前田広士,小城明子,高橋浩二,藤島一郎:とろみ液の官能評価による分類-粘度およびLine Spread Test値の範囲設定-.日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌,18(1),13-21,2014.
  4. 小城明子,竹内由里,河野みち代,高杉(森)一恵,浅野恭代,大石明子,佐藤礼子,下田妙子,柳沢幸江:給食施設における摂食機能の低下を考慮した食種の標準化を目的とした食形態および適応の現状分析,日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌,15(1),14-24,2011.
  5. Akiko Kojo, Kentaro Yamada, Kin-Ya Kubo, Anzu Yamashita and Toshiharu Yamamoto:Occlusal Disharmony in Mice Transiently Activates Microglia in Hippocampal CA1 Region but Not in Dentate Gyrus,The Tohoku Journal of Experimental Medicine,221(3), 237-243,2010.

 

【主な講演・研修指導】

  1. 嚥下障害及び高齢者の栄養管理.千葉市保健所 高齢者栄養管理研修会,2015.10.7.千葉市
  2. Japanese Nursing Care Foods History & Current Issues(日本の介護食 規格制定の過程と実際),6th Educational Symposium of Korea Dysphagia Society,2015.5.30. Seoul, Korea

 

専門領域での活動

【学会活動】

  • 日本栄養改善学会(評議員)
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会(理事・評議員・編集委員・発達期嚥下調整食検討委員)
  • 日本咀嚼学会(編集委員)

 

【その他】

  • 農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業評価分科会 委員
  • 厚生労働省 管理栄養士国家試験委員
  • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 「特別用途食品(えん下困難者用食品)の企画の分析方法について」の改正に関わる調査研究事業専門委員会 委員

 

【受賞歴】

  • 日本栄養改善学会奨励賞(2005年)
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会論文賞(2010年)

 

学生へのメッセージ

「よく学び、よく遊べ」。社会に出てから後悔しないよう、充実した日々を過ごしましょう。

このページの先頭へ