東京医療保健大学
Menu

教員データベース

齋藤 益子 SAITO MASUKO

所属
  • 東が丘・立川看護学部 看護学科
  • 大学院 看護学研究科
職位 教授
学位・資格 人間関係学学士(慶應大学文学部) 修士(政治学) 博士(医学) / 看護師・助産師/ 受胎調節実地指導員・新生児蘇生法インストラクター・チーム医療推進助産師・性の健康カウンセラー
担当科目 高度実践助産コース(修士課程)       看護科学コース(修士課程)       看護科学(博士課程)   学部 卒業研究 助産学概論                母性看護学特論Ⅰ 生殖看護学 助産診断技術学特論            母性看護学特論Ⅱ           特別研究 妊娠期診断・技術学            特別研究 地域母子保健学特論 助産管理学特論 ウィメンズヘルス特論 ウィメンズヘルス演習 国際助産学特論 助産臨床推論 助産学基礎実習 助産実践力開発実習 助産実践力発展実習 地域助産学実習 課題研究 助産学特別研究

研究テーマ

文部科研テーマ(30年度まで) 1.助産診断名・診断指標の信頼性妥当性に関する研究(基盤研究C代表) 2.月経周期に伴う育児勘定尺度(短縮版)の有効性の評価(基盤C分担) 3.妊孕性に関する知識習得を目指したe-ラーニング教育プログラムの開発(萌芽研究分担) 4.助産外来における助産実践力の評価に関する研究(基盤C分担) 厚生科学研究 平成30年度 厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)研究:性感染症に関する特定感染症予防指針に基づく対策の推進に関する研究班(通称:三鴨班) これまでの文部科研テーマ 1..子ども虐待予防教育プログラムの開発 文部科研基盤B 分担 文部省科学研究費補助金、国費、平成23年~平成25年度 分担 2.月経教育プログラムの検討 分担 文部科研基盤C、分担、文部省科学研究費補助金、国費、平成23年~平成25年度 分担 3.熟練助産師の教育システム、分担 文部科研基盤C、分担、文部省科学研究費補助金、国費、平成25年~平成27年度 分担 4.助産師が行う中学生への性に関する健康教育の評価、文部科研基盤C、平成17年~平成19年度、代表、 その他の助成研究 1.若年女性のHPVの保有状況および、経年的感染について、性の健康医学財団、平成23年 ~26年度  代表 2.心と身体の町の保健室 日本看護協会 平成17年 代表 3.中学校における性教育の実際 、日本思春期学会、会費、平成14年、代表 4.性教育の在り方に関する検討 5.性感染症予防教育 6.生殖看護に関する検討

最近の業績または代表的な業績

 【著書・論文・学会発表】

1.実践マタニティ診断第4版 医学書院 2018.6

2.マタニティ診断ガイドブック 医学書院 2016.3

3.家族計画指導の実際 -少子社会における家族形成への支援   医学書院 2016

論文

齋藤益子:わが国の性教育の現状と課題,現代性教育研究ジャーナル,日本性教育協会,no87,2018

齋藤益子:わが国の性教育の実態,教育と医学,66(2),48-57,2018

平田礼子 東園子 齋藤益子 家族計画に関する学習を元に発展させた大学生の思考 日本生殖心理学会誌 2(1) 42-47,2016

東園子 富岡由美 齋藤益子 女子大学生がもつ妊孕性に対する認識  日本生殖心理学会誌 2(1) 35-41,2016

Yumi Tomioka, Sonoko Azuma ,Masuko Saito :The Current Status of High School Students'Expectation for Sex Education and their Knowledge on the Reproductive Fanction  Journal of   Reproductive  Psychology Vol2.No.1 2016

渡邊淳子 齋藤益子:助産師のレオポルド触進法に現れる熟練性 ,日本母子看護学会誌 8(2),43-52,2015

齋藤益子: 不妊予防ー思春期からの助成にやさしい生活 日本生殖心理学会誌:1(1)10-16,2015 

【講演・研修指導】7-8月

1.生と性の健康教育 足立区第13中学校  平成30年6月29日

2.エイズ・性感染症の現状と予防 市川市教育会館 平成30年7月23日

3.日本性感染症学会認定士試験 平成30年7月8日

4.日本家族計画協会受胎調節実地指導員研修 バリア法の理論と実際  平成30年7月26日

5.日本生殖医療相談士認定講習 思春期からの不妊予防  平成30年7月22日

6.性感染症から自分を守るために  第14回市民公開講座 (名古屋市) 平成30年8月2日 

 【所属している学会・活動】

 日本思春期学会副理事長  日本性感染症学会・監事・認定士委員 日本母子看護学会・理事長 日本助産診断実践学会・理事長 日本母性衛生学会・理事 日本生殖心理学会・副理事長 東京母性衛生学会・副理事長

【専門領域での活動】

 助産・母性看護、女性の健康、思春期教育 性の健康など助産師がかかわる多くの分野で研究や実践活動をしてきました。現在は東京母性衛生学会で、「チーム医療推進助産師研修」の企画と運営、性の健康医学財団で、「性の健康カウンセラー」のプログラムの企画と運営をしています。新しく立ち上げた日本助産診断実践学会は、9月に第1回学術集会を東京で開催する予定です。チーム医療の推進を助産師として医師とのパートナーシップをとりつつ、進めていきたいと思っています。そのためには、助産診断能力の開発は重要で、そのための研鑽の場として、助産診断実践学会が発展していくことを期待しています。

【学生へのメッセージ】

 赤ちゃんが体内に宿りすくすくと成長することを支援する助産師の仕事は、とてもやりがいがあります。子どもを産み育てることは女性の天職といえますが、昨今は、育児不安や産後うつなどの問題が指摘されているように、孤独でつらい育児をしている女性もいます。素晴らしい命との出会いを心から喜べるよぅに、そして、育児が価値ある体験になるように、支援していきたいとおもいます。

 それは、思春期からの「生と性の教育」の充実から、妊娠出産時のケアはもちろんのこと、産後の温かい社会的支援が必要であり、その担い手として、一緒に学んでいきましょう。研究室のドアを何時でもたたいてください。

 

このページの先頭へ