東京医療保健大学
Menu

教員データベース

谷本 真理子 TANIMOTO MARIKO

所属
  • 医療保健学部 看護学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 教授
学位・資格 博士(看護学)
担当科目  【学部】
看護学概論
生涯発達ケア論
基礎看護援助実習Ⅱ
看護の統合と実践Ⅱ・Ⅲ
慢性期看護援助論
終生期看護援助論
臨床看護学実習Ⅱ
急性期・慢性期看護学実習
 【大学院】
修士課程 看護実践開発特論Ⅱ
修士課程 研究演習Ⅰ・Ⅱ
博士課程 特別講義
博士課程 特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

研究テーマ

慢性病を持つ人のセルフケア支援 / 高齢慢性疾患患者(非がん)のエンドオブライフケア

現在進行中の主な研究課題

 

平成28年度~30年度科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 

地域における継続医療を軸とした高齢患者のACP実践モデルの開発、研究代表者

平成28年度~30年度科学研究費助成事業 基盤研究(B)

特別養護老人ホームの終末期ケアにおける多職種連携とケアの質の評価に関する研究、研究分担者

平成26~29年度科学研究費助成事業 基盤研究(B)

高齢者のエンパワメントを促す介護予防事業従事者向け教育プログラムの開発、研究分担者

 

 

最近の業績または代表的な業績

【著書】

  1. 糖尿病を併せ持つ患者へのチームアプロ―チ(数間恵子編) 第3章 ライフステージの特徴への対応 3.がんを合併した患者へのQOLを維持した看護支援、131-137,2017.
  2. 臨床看護学総論 第6版 基礎看護学4 第2章 健康状態の経過に基づく看護 C慢性期における看護、86-101、医学書院、2016.
  3. 老年看護学概論(正木治恵/ 真田弘美編)改訂第2版 1章3節E.高齢者の権利擁護49~54、3章1節 からだ81~86、5章2節D.高齢者ケアにおける高齢者理解の発展118~122、南江堂、2016.
  4. 在宅ケア学第6巻:エンドオブライフケアと在宅ケア(日本在宅ケア学会編) 第2部実践編 第1章 慢性呼吸不全とともに生きる人と家族のエンドオブライフケア、78-87、日本在宅ケア学会設立20周年記念、2016.
  5. 看護実践に生かすエンドオブライフケア(長江弘子編) 呼吸器疾患と共に生きる人の患者と家族のエンド・オブ・ライフ・ケア、103-113、日本看護協会出版会、2014.

【論文】

  1. 谷本真理子、高橋良幸、服部智子、 他: 一般病院における非がん疾患患者に対する熟練看護師のエンド・オブ・ライフケア実践、 Palliative Care Research10(2),108-115,2015.
  2. 谷本真理子:エンドオブライフを生きる下降期慢性病者のセルフケアのありようーケアの視点抽出の試み、 千葉看護学会誌18(2),9-16,2012.
  3. 天野(小粥)薫、谷本真理子、正木治恵:がん治療を受けながら下降期を生きる人々の自己の回復、 日本看護科学学会誌32(4),3-11,2012.
  4. 谷本真理子、太田美帆、三浦美奈子、 他:弁当箱法を活用した糖尿病患者への食支援(第1報)-弁当箱法を実施した患者の食生活の目安、 日本糖尿病教育・看護学会誌15(2),137-144,2011.
  5. 谷本真理子、黒田久美子、田所良之、他:高齢者ケアにおける日常倫理に基づく援助技術、 日本看護科学学会誌30(1),25-33,2010.

【学会発表】

  1. 谷本真理子、和泉成子、増島麻里子、他:シンガポールのアドバンスケアプランニング(ACP)視察活動から検討した日本の課題、第21回日本緩和医療学会学術集会、2016.
  2. 谷本真理子、須藤麻衣、川口裕子、他4名:一般病院看護師のエンドオブライフケア実践におけるコミュニケーションの阻害要因と促進要因、第36回日本看護科学学会学術集会、2016.
  3. M.Masujima,M.Tanimoto,H.Nagae,S.Ikezaki,C.Sakurai,K.Chiba,S.Izumi:Older adult’s and their family members’ perceptions about endo-of-life in Japan,19th East Asian Forum of Nursing Scholars,2016 EAFONS Chiba,Japan.
  4. 谷本真理子、武見綾子、須藤麻衣:地域中核病院における非がん疾患患者のエンドオブライフケア推進に向けたケア連携―非がんサポートチーム看護師と病棟看護師の実践から、第20回日本緩和医療学会学術集会、2015、横浜.
  5. M.Tanimoto,Y.Tkahashi,A.Sakamoto,T.Hattiri,Y.Tadokoro,M.Sudo,H.Masaki : End-of-Life care for Non-cancer choronic illness patients in the regional hospital in Japan. ,17th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2014, EAFONS Philippnes.

【その他】

  1. 谷本真理子:エンドオブライフケアにおける看護の実践知の共有に向けて:社会の状況と基本的知識、看護技術63(1)、82-88,2017.
  2. 谷本真理子:看護の実践知とエンドオブライフケア、看護技術63(2)、80-85,2017.
  3. 谷本真理子:慢性疾患高齢者のエンドオブライフケア、臨床老年看護、3.4月号、34-41、2017.
  4. 国立長寿医療研究センター:平成27年度厚生労働省人生の最終段階における医療体制整備事業総括報告書(分担執筆)、2016.
  5. 谷本真理子:アドバンス・ケア・プランニング(ACP)と関連する主要な研究、モダンフィジシャン36(8)、820-824,2016.

 

 

専門領域での活動

 

  • 日本看護科学学会代議員、和文誌専任査読委員
  • 千葉看護学会理事、論文表彰委員会委員長、査読者
  • 日本慢性看護学会評議員、研究交流推進委員会委員
  • 日本リハビリテーション看護学会、専任査読者

学生へのメッセージ 

”病をもって生きること・最期までその人らしく生きること”を、どのように支えていくのか、共に悩み、考え、行動していきましょう!

このページの先頭へ