東京医療保健大学
Menu

教員データベース

谷本 真理子 TANIMOTO MARIKO

所属
  • 医療保健学部 看護学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 教授
学位・資格 博士(看護学)
担当科目  学部
看護学概論
生涯発達ケア論
基礎看護援助実習Ⅱ
協働実践演習
看護の統合と実践Ⅱ・Ⅲ
慢性期看護援助論
臨床看護援助論Ⅲ(終末期看護援助論)
臨床看護学実習Ⅱ
 大学院
修士課程 看護実践開発特論Ⅱ
修士課程 研究演習Ⅰ・Ⅱ
博士課程 特別講義
博士課程 特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

研究テーマ

慢性病を持つ人のセルフケア支援 / 非がん高齢慢性疾患患者のエンドオブライフケア

現在進行中の主な研究課題

 

平成28年度~30年度科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 

地域における継続医療を軸とした高齢患者のACP実践モデルの開発、研究代表者

平成25年度~28年度科学研究費助成事業 基盤研究(B)

慢性病エンドオブライフ期の望む生き方を支えるコミュニケーションガイドの開発、研究代表者

 

最近の業績または代表的な業績

【著書】

  1. 臨床看護学総論 第6版 基礎看護学4 第2章 健康状態の経過に基づく看護 C慢性期における看護、86-101、医学書院、2016.
  2. 看護実践に生かすエンドオブライフケア 呼吸器疾患と共に生きる人の患者と家族のエンド・オブ・ライフ・ケア、103-113、日本看護協会出版会、2014.
  3. 「食べる」ことを支えるケアとIPW(諏訪さゆり/中村丁次編著) 第10章 慢性疾患患者の「食べる」を支えるケア、105-109、建帛社、2012.
  4. 老年看護学概論(正木治恵/ 真田弘美編) 1章3節E.高齢者の権利擁護51~55、3章1節 からだ66~71、5章2節D.高齢者ケアにおける高齢者理解の発展155~159、南江堂、2011.

【論文】

  1. 谷本真理子、高橋良幸、服部智子、 他: 一般病院における非がん疾患患者に対する熟練看護師のエンド・オブ・ライフケア実践、 Palliative Care Research10(2),108-115,2015.
  2. 谷本真理子:エンドオブライフを生きる下降期慢性病者のセルフケアのありようーケアの視点抽出の試み、 千葉看護学会誌18(2),9-16,2012.
  3. 天野(小粥)薫、谷本真理子、正木治恵:がん治療を受けながら下降期を生きる人々の自己の回復、 日本看護科学学会誌32(4),3-11,2012.
  4. 谷本真理子、太田美帆、三浦美奈子、 他:弁当箱法を活用した糖尿病患者への食支援(第1報)-弁当箱法を実施した患者の食生活の目安、 日本糖尿病教育・看護学会誌15(2),137-144,2011.
  5. 谷本真理子、黒田久美子、田所良之、他:高齢者ケアにおける日常倫理に基づく援助技術、 日本看護科学学会誌30(1),25-33,2010.

【学会発表】

  1. N.Sato,Y.Amamiya,N.Hosoya, S.Ishikawa, S.Miyazawa,R.Iino,R.Tokita,N.Ide,T.Sugimoto,M.Tanimoto:Educational needs of preventive care service providers for supporting the empowerment of elderly people,19th East Asian Forum of Nursing Scholars,2016,EAFONS Chiba,Japan.
  2. M.Masujima,M.Tanimoto,H.Nagae,S.Ikezaki,C.Sakurai,K.Chiba,S.Izumi:Older adult’s and their family members’ perceptions about endo-of-life in Japan,19th East Asian Forum of Nursing Scholars,2016 EAFONS Chiba,Japan.
  3. 谷本真理子、武見綾子、須藤麻衣:地域中核病院における非がん疾患患者のエンドオブライフケア推進に向けたケア連携―非がんサポートチーム看護師と病棟看護師の実践から、第20回日本緩和医療学会、2015、横浜.
  4. 谷本真理子、和泉成子、櫻井智穂子、他:アドバンスケアプランニング(ACP)の概念分析―2003~2012年海外論文の分析から、第19回日本緩和医療学会学術集会、2014、神戸.
  5. M.Tanimoto,Y.Tkahashi,A.Sakamoto,T.Hattiri,Y.Tadokoro,M.Sudo,H.Masaki : End-of-Life care for Non-cancer choronic illness patients in the regional hospital in Japan. ,17th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2014, EAFONS Philippnes.
  6. S.Izumi,M.Tanimoto,C.Sakurai : Conversations About Advance Planning Toward End-of-Life;Experiences of Japanese Families. , Geronglogical Society of America , 2013 , New Orleans.

【その他】

  1. 谷本真理子、他:慢性疾患患者の生命維持療法選択意思決定支援ニーズの実態調査、一般社団法人 看護系学会等社会保険連合研究助成報告書、2015
  2. 谷本真理子:患者家族を尊重するエンド・オブ・ライフ エンド・オブ・ライフを支える家族の目線 病状変化にともなう状況認知の揺らぎを支える、家族看護12(1)、36-43、2014.
  3. 内田雅子、谷本真理子、伊波早苗、小長谷百絵、東めぐみ、木下幸代、黒江ゆり子:実践知をどのように集積するかー事例研究のメタ統合について考えるー、日本慢性看護学会誌7(2)、80-87、2013.
  4. 谷本真理子:実践!エンド・オブ・ライフケア 実践に重要な考え方―アドバンスケア・プランニング アドバンスケア・プランニングとは?-患者にとっての最善を考える,Nursing Today28(3),32-37.2013.

 

 

専門領域での活動

 

  • 日本看護科学学会代議員、和文誌専任査読委員
  • 千葉看護学会論文表彰委員会委員長、査読者
  • 日本糖尿病教育・看護学会評議員、専任査読者
  • 日本慢性看護学会評議員、研究交流推進委員会委員
  • 日本リハビリテーション看護学会、専任査読者

学生へのメッセージ 

病をもって生きる人々に必要な支援とは?共に悩み、考えていきましょう!

このページの先頭へ