東京医療保健大学
Menu

教員データベース

谷本 真理子 TANIMOTO MARIKO

所属
  • 医療保健学部 看護学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 教授
学位・資格 博士(看護学)
担当科目  【学部】
看護学概論
生涯発達ケア論
慢性期看護援助論
終生期看護援助論
急性期・慢性期看護学実習
看護の統合実習
 【大学院】
修士課程(共通科目)研究方法特論Ⅰ【研究リテラシー】
修士課程(共通科目) 研究方法特論Ⅳ【質的研究方法論】
修士課程 看護実践開発特論Ⅱ
修士課程 研究演習Ⅰ・Ⅱ
博士課程 特別講義
博士課程 特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

研究テーマ

慢性病を持つ人のセルフケア支援 / 高齢慢性疾患患者(非がん)のエンドオブライフケア/アドバンス・ケア・プランニング

現在進行中の主な研究課題

平成31年度~33年度 科学研究費助成事業 基盤研究(C) エンドオブライフ期慢性疾患患者の体験理解に基づく生き方支援看護実践指針の開発、研究代表者

平成31年度~33年度 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 中堅看護師の臨床判断を強化する患者アウトカム評価ツールの開発、研究分担者

平成30年度~33年度科学研究費助成事業 基盤研究(C) 認知症カフェの質保障と安定した運営に向けた評価指標の開発、研究分担者

平成28年度~30年度科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 地域における継続医療を軸とした高齢患者のACP実践モデルの開発、研究代表者

 

 

最近の業績または代表的な業績

【著書】

  1. 糖尿病を併せ持つ患者へのチームアプロ―チ(数間恵子編) 第3章 ライフステージの特徴への対応 3.がんを合併した患者へのQOLを維持した看護支援、131-137,2017.
  2. 臨床看護学総論 第6版 基礎看護学4 第2章 健康状態の経過に基づく看護 C慢性期における看護、86-101、医学書院、2016.
  3. 老年看護学概論(正木治恵/ 真田弘美編)改訂第2版 1章3節E.高齢者の権利擁護49~54、3章1節 からだ81~86、5章2節D.高齢者ケアにおける高齢者理解の発展118~122、南江堂、2016.
  4. 在宅ケア学第6巻:エンドオブライフケアと在宅ケア(日本在宅ケア学会編) 第2部実践編 第1章 慢性呼吸不全とともに生きる人と家族のエンドオブライフケア、78-87、日本在宅ケア学会設立20周年記念、2016.
  5. 看護実践に生かすエンドオブライフケア(長江弘子編) 第2版 呼吸器疾患と共に生きる人の患者と家族のエンド・オブ・ライフ・ケア、103-113、日本看護協会出版会、2018.

【論文】

  1. 谷本真理子、芥田ゆみ、和泉成子:日本におけるアドバンスケアプランニング研究に関する統合的文献レビュー、Palliative Care Research13(4),341-355,2018.
  2. 谷本真理子、瀬戸奈津子、林優子、他:慢性疾患患者の生命維持療法選択意思決定プロセスの支援実態と今後の課題、日本慢性看護学会誌12(1)、2-11,2018.
  3. 正木治恵、谷本真理子、黒田久美子、髙橋良幸、鳥田美紀代、喜多敏明:高齢者の主体的な健康を創出・支援する老人看護専門技術の評価指標の開発、千葉大学大学院看護学研究科紀要 40,9-18,2018.
  4. 戸田由利亜、谷本真理子、正木治恵、他:他者と共に在る認知症高齢者の表明する姿、千葉看護学会誌22(9), 1‐10,2017.
  5. 谷本真理子、高橋良幸、服部智子、他: 一般病院における非がん疾患患者に対する熟練看護師のエンド・オブ・ライフケア実践、 Palliative Care Research10(2),108-115,2015.

【学会発表】

  1. Kobori,M.,Sakurai,C.,Tanimoto,M.:Perceptions and coping styles of post-stroke patient:Pain and/or numbness influenced by family.22EAFONS,2019,Singapore.
  2. 谷本真理子、櫻井智穂子、高橋弥生、小堀美香、鈴木理志、小幡賢一:一般病院における慢性疾患患者のエンドオブライフケアを巡る臨床医の認識、第23回日本緩和医療学会学術集会、2018.神戸.
  3. Torita,M.,Sugimoto,T.,Tanimoto,M. et al.:Endeavors implemented by caregiving staff at Long-Term Care Health Facilities with a high level of Home-Care Support Functions-To enhance the autonomous transition for the elderly people-,Aging &Society 8th Interdisciplinary Conference,2018,Tokyo.
  4. Tanimoto,M.,Nishikawa,M.,Miura,H.:Experiences of Advance Care Planning Facilitators at community Home Healthcare Clinics Participated in Japan,The 6th International Conference on Advance care planning and End of Life Care,2017,Canada.
  5. Mikoshiba,N.,Okada,N.,Kizawa,Y., Tanimoto,M.,Mishikawa.M.,Miura,H.:Caracteristices of Pilot Advance Care Planning and End Life Care,2017,Canada.

【講演】

アドバンスケアプランニングー今までの経過と今後の課題、千葉大学薬学部公開講座、2019./エンドオブライフケアー慢性病と共に年齢を重ね、人生の終盤を生きることを支える、第12回日本慢性看護学会学術集会教育講演、東京./アドバンスケアプランニング(ACP)患者の人生を支える治療ケアの実践に向けて、千葉大学医学部附属病院職員研修会、2018./慢性疾患のエンドオブライフケア、中国医科大学、大連医科大学、2018./メタ統合の考え方とその方法、岩手県立大学看護学研究科教員FD研修会、2018. 等

【その他】

  1. 谷本真理子:エンドオブライフケアにおける看護の実践知の共有に向けて:社会の状況と基本的知識、看護技術63(1)、82-88,2017.
  2. 谷本真理子:看護の実践知とエンドオブライフケア、看護技術63(2)、80-85,2017.
  3. 谷本真理子:慢性疾患高齢者のエンドオブライフケア、臨床老年看護、3.4月号、34-41、2017.
  4. 谷本真理子:がん以外の多様な疾患を含む終末期患者への看護に関する調査報告書 科学研究費補助金基盤研究(B)、2016.
  5. 谷本真理子:アドバンス・ケア・プランニング(ACP)と関連する主要な研究、モダンフィジシャン36(8)、820-824,2016.

 

専門領域での活動

  • 日本看護科学学会代議員、和文誌専任査読委員/ 千葉看護学会、査読者/ 日本慢性看護学会評議員、研究交流推進委員会委員、政策委員会委員/ 日本リハビリテーション看護学会、専任査読者
  • 国際共同研究 チュラローンコン大学看護学部(タイ王国)
  • 千葉大学工学研究院倫理委員会委員、順江会江東病院倫理委員会委員

学生へのメッセージ 

”病をもって生きること・最期までその人らしく生きること”を、どのように支えていくのか、共に悩み、考え、行動していきましょう!

このページの先頭へ