東京医療保健大学
Menu

教員データベース

松村 有里子 MATSUMURA YURIKO

所属
  • 医療保健学部 看護学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 准教授
学位・資格 博士(理学)
担当科目 (学部)情報リテラシー/情報科学 
(大学院)感染制御学研究特論,I,II,III,IV/感染制御学輪講/医療機器学特論/特別講義

研究テーマ

(専門領域)酸化ストレス学 / 分析化学 / 光化学 / 高分子化学 / 有機化学 / 分析化学
(主な研究テーマ)多剤耐性菌の迅速検出、感染制御学

 

最近の業績

【論文】

  1. 池ヶ谷佳寿子、松村有里子、島圭介、岩澤篤郎、木村哲、土屋憲, "質量分析法を用いた基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生菌検出の検討", 日本化学療法学雑誌, 67(1), 29-37 (2019).
  2. H. Kawano, T. Takamatsu, Y. Matsumura, H. Miyahara, A. Iwasawa, A. Okino, Influence of Gas Temperature in Atmospheric Non-Equilibrium Plasma on Bactericidal Effect, Biocontrol Science. 23(4), 167-175 (2018).
  3. S. Adachi, N. Hoshi, J. Inoue, E. Yasutomi, T. Otsuka, R. Dhakhwa, Z. Wang, Y. Koo, T. Takamatsu, Y. Matsumura, H. Yamairi, D. Watanabe, M. Ooi, T. Tanahashi, S. Nishiumi, M. Yoshida, T. Azuma, "Indigo Naturalis Ameliorates Oxazolone-Induced Dermatitis but Aggravates Colitis by Changing the Composition of Gut Microflora", Int Arch Allergy Immunol, 173(1), 23-33 (2017).
  4. 千草尚、大川猛、横田昌弘、二階堂勝、松村有里子、岩澤篤郎, "次亜塩素酸水のpHおよび有効塩素量が及ぼす殺菌効果と腐食性への影響",日本防菌防黴学会誌, 45(12), 585-593 (2017).
  5. T. Takamatsu, H. Kawano, Y. Sasaki, K. Uehara, H. Miyahara, Y. Matsumura, A. Iwasawa, T. Azuma, A. Okino, "Imaging of the Staphylococcus aureus inactivation process induced by a multigas plasma jet", Curr Microbiol., 73, 766-772 (2016).
  6. T. Takamatsu, K. Uehara, Y. Sasaki, H. Miyahara, Y. Matsumura, A. Iwasawa, N. Ito, T. Azuma, M. Kohno, A. Okino, “Microbial Inactivation in the Liquid Phase Induced by Multigas Plasma Jet”, Plos ONE, 10(7), e0132381 (2015).

2014年以前 25報

 【総説】

  1. 岩澤篤郎、松村有里子, "生体消毒薬の抗微生物効果と細胞毒性",The Journal of Healthcare-Associated Infection, 9(1), 1-13 (2016).

 【解説等】

  1. 松村有里子.「質量分析の世界-臨床分野への活用について-」感染と消毒, 24(1),15-24 (2017).
  2. 川野浩明, 高松利寛, 松村有里子,宮原秀一, 岩澤篤郎, 沖野晃俊. 「新しい大気圧プラズマ装置の開発と液中殺菌技術への応用」ソフト・ドリンク技術資料, 178, 105-118 (2016).
  3. 松村有里子. 「LC/MSを用いた腎疾患に関連するバイオマーカーの探索」化学工業, 4, 255-262 (2016).
  4. 松村有里子.超音波商社で生成する活性酸素,CSJカレントレビュー第21号 「活性酸素・フリーラジカルの科学」 第12章
  5. 松村有里子.LC/MSを用いた腎疾患に関連するバイオマーカー探索,化学工業,67(4),19(2016)。

2014年以前 3報

【専門領域での活動】

高分子学会(武蔵野地区懇話会幹事)、先端錯体工学研究会(副会長、事務局担当)、日本化学会、アメリカ化学会、日本酸化ストレス学会、ポルフィリン―ALA学会、日本環境感染学会、日本農芸化学会

このページの先頭へ