東京医療保健大学
Menu

教員データベース

菅原 えりさ SUGAWARA ERISA

所属
  • 医療保健学部 看護学科
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 教授
学位・資格 感染制御学博士 感染管理認定看護師(日本看護協会)
担当科目 感染制御学特論Ⅰ(大学院)/ 感染制御マネージメント学特論(大学院) / 感染制御学研究特論Ⅰ~Ⅳ(大学院)/研究演習ⅠⅡ(大学院) 専門看護学特論(看護学科) / 保健統計(看護学科) / 医療安全管理学(看護学科) 助産管理学(助産学専攻科) 感染制御実践看護学講座(感染制御センター) / 感染制御学企業人支援実践講座(感染制御センター)

研究テーマ

災害時の感染制御支援体制 医療施設の衛生的な環境維持について 臨床現場の根拠に基づきかつ受容される感染制御のあり方

<著作>

菅原えりさ.期待!地球を救う One Healthアプローチ エネルギーレビュー エネルギーレビューセンター2016 10月号;45

菅原えりさ.After7days 避難所における感染症対策~避難所運営が鍵を握る~ 生活と環境2016;11(727);17-21

菅原えりさ. ICTの外部委託業者との関わり方 INFECTION CONTROL メディカ出版2015;Vol24(2)68-70

菅原えりさ、高齢者施設における感染制御の取り組み‐ゆるやかで途切れない関係‐感染と消毒.幸書房.2017;Vol24(1)63-65

菅原えりさ、災害時における感染対策の優先順位‐災害現場の医療従事者ができる事を考える.感染対策ICTジャーナル.ヴァンメディカル 2018;Vol13(1)73-77

 <論文>

西川美由紀、菅原えりさ、梶浦工、小林寛伊、医療用ニトリル手袋の引張強さに及ぼすアルコール手指衛生の影響 The Journal of Healthcare-Associated Infection 2017;10(1):1-7

鎌田明、菅原えりさ.国内医療施設を対象とした患者清拭タオルの管理に関する実態調査. The Journal of Healthcare-Associated Infection 2016;9(2):52-59

菅原えりさ、 梶浦 工、 竹内千恵、 小林寬伊.医療処置・ケア場面における手指の接触部位に関する検討.The Journal of Healthcare-Associated Infection 2014; 7: 66-70

石井 幸、小林 寬伊、梶浦 工、菅原 えりさ.患者動作運動モデルを用いたシーツを介した細菌透過に関する検討. Journal of Healthcare-Associated Infection 2015; 8: 27-30

内田美保、菅原えりさ、梶浦工、小林寬伊.新鮮ヒト血液を用いたアデノシン三リン酸測定法の洗浄評価判定法の有用性に関する検討.医療機械学会 2015;85(6):577-582

菅原えりさ、 梶浦 工、 竹内千恵、 小林寬伊.医療処置・ケア場面における手指の接触部位に関する検討.The Journal of Healthcare-Associated Infection 2015; 7: 66-70

菅原えりさ、小林寛伊、大久保憲:二重盲検ランダム化比較試験による0.5w/v%クロルヘキシジングルコン酸塩含有エタノール擦式製剤と他の2種類のクロルヘキシジングルコン酸塩含有エタノール製剤との目視による皮膚評価の比較検討.The Journal of Healthcare-Associated Infection  2012;4(2): 67-75.

菅原えりさ、小林寛伊、梶浦工:臨床現場の手指衛生行動に基づく、少量、短時間のアルコールラビングの効果.The Jouranal of Healthcare-Associated Infection 2011;4(2):79-81.

Sugawara, H.Kobayashi, T,Kajiura,Y,Sogawa,H,Endo,C.Takeuchi .The Hand Hygiene Behaviors of the Public in Response to the Pndemic Influenza A(H1N1) 2009 in Japan.The Journal of Healthcare-Associated Infection 2009; 2: 71-73.

<学会発表>

菅原えりさ、避難所における感染制御 第44回日本防菌防黴学会 2017年9月27日

菅原えりさ、シンポジスト 薬剤耐性グラム陰性桿菌を考える 第29回臨床微生物学会総会 2018年2月11日 

菅原えりさ、シンポジスト 感染制御のスペシャリストが担うべき災害時の役割 第33回日本環境感染学会 2018年2月23日

菅原えりさ、教育講演 委託事業の感染対策 第33回日本環境感染学会 2018年2月23日

菅原えりさ:ポスター発表、日本の医療施設で汎用されている洋式便器での排泄物洗浄時の飛散状況の検討 第32回日本環境感染学会 2017年2月

<専門領域での活動>

厚生科学審議会感染症部会委員(2014~)

日本環境感染学会理事(2010~2015.2)(2017.6~)

日本環境感染学会評議員

日本環境感染学会:教育施設認定委員会委員、多剤耐性菌感染制御委員会委員、災害時感染制御検討委員会副委員長、四学会合同事業WG委員

日本感染症学会

日本臨床微生物学会

インフェクションコントロール誌編集委員(2015~)

 日本赤十字社総合福祉センター 感染制御アドバイザー

 

このページの先頭へ