東京医療保健大学
Menu

教員データベース

比江島 欣愼 HIEJIMA YOSHIMITSU

所属
  • 大学院 医療保健学研究科
職位 教授
学位・資格 博士(学術)
担当科目 【学部】
 <看護学科>
  ・データサイエンス(2class)
  ・疫学・保健統計論(2class)
 <医療情報学科>
  ・データサイエンス(2class)
  ・医療情報ゼミⅠ
  ・医療情報ゼミⅡ
  ・卒業研究

【大学院】
 ・サーベイランス特論
 ・疫学保健統計論
 ・研究演習Ⅰ
 ・研究演習Ⅱ

研究テーマ

・臨床研究におけるevidence導出に関する統計学・疫学の利用について
  カウンターファクチュアルモデルに基づくデータ分析手法の開発
  診療情報の2次利用
  医療従事者への統計ユーザー教育の方法と実践
・股関節疾患を持つ患者のQOL尺度の開発と利用
・感染制御分野における統計学・疫学の活用法
・医療機関における患者安全と医療サービスの評価

最近の業績または代表的な業績

【論文・著書】

  1. 比江島欣愼:「医療統計学入門 -エビデンスを正しく見分けるための考え方-」. 東京: オーム社 2014.
  2. Nonaka K., Ban S., Hiejima Y., Narita R., Shimizu M., Aikawa M., Ohata K., Matsuhashi N., Arai S. and Kita H : Status of the Gastric Mucosa with Endoscopically Diagnosed Gastrointestinal Stromal Tumor. Diagnostic and Therapeutic Endoscopy [Internet], July 2, 2014.
  3. Seki T., Hasegawa Y., Ikeuchi K., Ishiguro N., Hiejima Y.:Reliability and validity of the Japanese Orthopaedic Association hip disease evaluation questionnaire (JHEQ) for patients with hip disease. Journal of Orthopaedic Science, 18(5), 782-787, 2013.
  4. 比江島欣愼:統計なんて怖くないリカと助手の看護研究ゼミ!. 東京:精神看護出版2012.
  5. Matsumoto T., Kaneuji A., Hiejima Y., Sugiyama H., Akiyama H., Atsumi T., Ishii M., Izumi K., Ichiseki T., Ito H., Okawa T., Ohzono K., Otsuka H., Kishida S., Kobayashi S., Sawaguchi T., Sugano N., Nakajima I., Nakamura S., Hasegawa Y., Fukuda K., Fujii G., Mawatari T., Mori S., Yasunaga Y., Yamaguchi M.:Japanese Orthopaedic Association Hip-Disease Evaluation Questionnaire (JHEQ) : a patient-based evaluation tool for hip-joint disease. The Subcommittee on Hip Disease Evaluation of the Clinical Outcome Committee of the Japanese Orthopaedic Association. Journal of Orthopaedic Science, 17(1), 25-38, 2012.

【学会発表等】

  1. 野中康一, 伴慎一, 比江島欣愼, 成田礼, 清水道生, 合川公康, 大圃研, 松橋信行, 新井晋, 喜多宏人:胃Gastrointestinal stromal tumorの内視鏡所見の検討. 第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年, 2月, 東京.
  2. 比江島欣愼:感染制御に必要な疫学・統計学の基本知識. 第29回日本環境感染学会総会・学術集会, 2014年, 2月, 東京.
  3. 比江島欣愼, 中尾教伸:JHEQを中心とした診療データ収集ツールの開発. 第40回日本股関節学会, 2013年, 11月, 広島.
  4. 比江島欣愼:患者によるQOL評価(JHEQの開発). 第39回日本股関節学会, 2012年, 12月, 新潟.
  5. 比江島欣慎, 北村匡司:カウンターファクチュアルモデルに基づいたRCTデータの分析. 科学研究費シンポジウム「生物統計における統計的推測とその応用」, 2011年, 12月, 宮崎.

専門領域での活動

【学会・研究会】

  • 日本計量生物学会
  • 日本統計学会
  • 日本股関節学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本医療マネージメント学会
  • 日本看護管理学会
このページの先頭へ