東京医療保健大学
Menu

教員データベース

北得 美佐子 KITAE MISAKO

所属
  • 和歌山看護学部 看護学科
  • 大学院 和歌山看護学研究科
職位 教授
学位・資格 修士(看護学) / 看護師
担当科目 【看護学科】成人看護学概論/急性期看護援助論/慢性期・回復期看護援助論/終末期看護援助論/クリティカルシンキングⅢ/急性期看護学実習/慢性期・回復期看護学実習/看護統合実習【看護学研究科】包括ケア教育学特論Ⅰ/包括ケア教育学特論Ⅱ/包括ケア教育学演習Ⅰ/包括ケア教育学演習Ⅱ

研究テーマ

がん看護 / 緩和ケア / 遺族ケア / ICT/ 教育 /

最近の業績または代表的な業績

【著書・論文・学会発表】

(著書)

1. 北得美佐子, 納谷和誠 ; 領域別実習シミュレーション 成人看護学(急性期),プチナース, Vol29, No.12, p.22-26, 2020

2. 北得美佐子(単著);がんを患う地域住民に向けたセルフマネジメント支援モデルの実証的研究, 緩和ケア口伝(連載),緩和ケア, 青海社, V0l.29.3.2019

3. 北得美佐子(単著); ホスピス・緩和ケア病棟の遺族ケアに関する研究, がん看護,南江堂, Vol.23,No.6, p.615-618, 2018

4. 北得美佐子, 宮下光令(編集); 死後処置(エンゼルケア), 1.湯灌を行う考え方は?, 『看取りケア プラクティス×エビデンス 今日から活かせる72のエッセンス

   ~望ましい最後のための根拠と実践~』, 第Ⅲ章,南江堂, p.231-234, 2018

5. 北得美佐子(単著); がん患者の遺族への対応, 『精神科』特集 精神科医が知っておきたい緩和ケアの基本, 科学評論社,31(4), p.323-329, 2017

 

(教材作成)

・Medi-LX社, エアウォーターバイオデザイン株式会社,『Medi-EYE映像化プロジェクト』VR慢性期事例作成,VR(監修),https://medi-lx.jp/cont/servise_vr_medical_eye/,2022,1

・Medi-LX社,教育用電子カルテ『Medi-EYE』慢性期・回復期監修,https://medi-lx.jp/cont/infomation_medi_eye/,2021.6

 

(論文)

1. 北得美佐子, 前田由紀,畑下博世; COVID-19の影響下による看護学部生のリモート講義3か月目の実態調査, 日本看護学教育学会誌 ,31巻3号, p.71-79, 2022

2. 納谷和誠, 関口公平, 甲村朋子, 北得美佐子; 巨大地震想定地域における住民の防災意識・防災行動および健康管理行動に関する現状調査, 日本災害看護学会誌,23巻3号, p.25-36, 2022

3. Maeda Yuki, Kitae Misako, Hatashita Hiroyo; Surveys of On-Line Lecture Influence on Nursing Students during the Covid-19 Pandemic, Asian Journal of Nursing Education and Research, 12(1), p.13-22, 2022

4. Jun Kako, Masamitsu Kobayashi, Kohei Kajiwara, Yasutaka Kimura, Yasufumi Oosono, Mizuki Takegata, Kimiko Nakano, Yoshinobu Matsuda, Naomi Nakamura, Natsuki Kawashima, Yuta Hirano, Misako Kitae, Kakuhiro Yamaguchi, Hiroshi Iwamoto, Noboru Hattori, Hiroyuki Sawatari, Satoshi Shiono, Hirokazu Ogino, Yasuhiko Nishioka, Koji Amano, Janelle Yorke; Validity and Reliability of the Japanese Version of the Dyspnea-12 Questionnaire in Patients with Lung Cancer, Journal of Pain and Symptom Management. S0885-3924(22)00691-1,2022.4

5. 北得美佐子, 角甲 純, 小林成光, 森川みはる, 月山 淑; 遺族から見たホスピス・緩和ケア病棟による望ましい遺族ケアの提供に関する研究,日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団, 遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する研究報告書4,p.131-136,2020

6. 古川佳子, 北得 美佐子, 竹内佐智恵, 畑下博世; 文献からとらえた成人期の2型糖尿病患者の自己管理に繋がる要因についての日本と海外の類似性と相違性,三重看護雑誌, Vol.22, p.59-68, 2020 

 

(学会発表)

1. KITAE MISAKO, Kako Jun, Kobayashi Masamitsu, et al; A study on the provision of desirable palliative care to the bereaved families of cancer patients who died at hospice and palliative care wards,  general wards, and at home. ICN Congress Nursing Around the World, to be held online on 2-4 November 2021. Abstract number: A-1192-0052-03957.Abu Dhabi(Online) 

2. K.Naya, K.Sekiguchi, T.Komura, M.Kitae; Survey on health management and disaster prevention activities during normal times in a potential giant earthquake area. ICN Congress Nursing Around the World, to be held online on 2-4 November 2021. Abstract number: A-1192-0042-016 Abu Dhabi(Online)

3. K.Sekiguchi, K.Naya, T.Komura, M.Kitae; Factors affecting disaster preparedness among the elderly in areas where large earthquakes can be expected, ICN Congress Nursing Around the World, to be heldeld online on 2-4 November 2021.:Abstract-No: A-1192-0042-02623 Abu Dhabi(Online)

4. Misako Kitae,Jun kako, Masamitsu Kobayashi,Miharu Morikawa.etc; The effects of bereaved family care conducted in a Hospice/palliative care unit in japan:11th European Association for Palliative Care(EACP) World Research Congress, October 2020, Italy Palelmo

5. Miyabi Uda, Misako Kitae, Sachiko Shimizu; Palliative care simulation for nursing students: A review, 13th Asia Pacific Hospice Conference, August 2019, Indonesia, Surabaya

 

【講演・研修指導】

1.北得美佐子, 看護基礎教育の変遷とこれから,日本赤十字社和歌山医療センター,実習指導者研修, 2022.5

2.北得美佐子,  納谷 和誠,学修者本位の学びをつなぐ・拡げるDX,  東京医療保健大学総合研究所オンラインシンポジウム, シンポジスト,2021.12 

3.北得美佐子,看護実践能力を養う代替実習の設計, 神戸市看護学会学術集会,シンポジスト,2021.10

4.北得美佐子,ICTを使ったインタラクティブな学習の場づくりを目指して, 日本医療情報学会看護部会 看護部会 次世代研究者育成ワーキンググループ,シンポジスト,2021.2

5.北得美佐子,ELNEC-J(End-of-Life Nursing Education Consortium Japan)Trainar   ELNEC-J研修 日本赤十字社和歌山医療センター 講師 2020.1, 2021.10-11

 

【受賞】

1. 教員教育表彰(教育活動) 東京医療保健大学理事長 令和3年9月 

2. 遺族からみたホスピス・緩和ケア病棟による望ましい遺族ケアの提供に関する研究,緩和・指示・心のケア合同学術大会 第25回日本緩和医療学会学術大会 口演, 2020.8(優秀演題賞)

3. ホスピス・緩和ケア病棟の遺族ケアに関する研究,第21回日本緩和医療学会学術大会 口演,2016.6.(優秀演題賞)  

4. ホスピス・緩和ケア病棟の遺族ケアの改善点に関する研究,  第21回日本緩和医療学会学術大会 口演, 2016.6.(優秀演題賞) 

 

【競争的資金などの研究課題】

2018-2021年:Dyspnea-12の日本語版開発と信頼性・妥当性の検証, 文部科学省: 科学研究費補助金. 基盤研究C(共同研究者)

2015-2017年:がんを患う地域住民に向けたセルフマネジメント支援モデルの実証的研究」,文部科学省: 科学研究費補助金. 挑戦的萌芽研究(研究代表者)

 

【所属している学会・活動】

 日本緩和医療学会 / 日本がん看護学会 / 日本看護学教育学会 / 日本看護科学学会 /日本医学教育学会 / 和歌山保健看護学会

 

【学生へのメッセージ】

看護職への道を選択した皆さんを、心から支援したいと思います。

看護を学ぶことを通して、自らの人生についてもしっかり考えていきましょう。

このページの先頭へ