東京医療保健大学
Menu

教員データベース

内山 孝子 UCHIYAMA TAKAKO

所属
  • 東が丘・立川看護学部 看護学科
  • 東が丘看護学部 看護学科
  • 大学院 看護学研究科
職位 准教授
学位・資格 看護学博士 / 看護修士 / 看護学学士 / 看護師 / 保健師 / 介護支援専門員 / 中学校教諭保健1級免許 / 高等学校教諭保健2級普通免許 / 高等学校教諭看護2級普通免許 / 集中ケア認定看護師(2006年~2016年)
担当科目 (学部)
看護学体験実習 / 看護実践技術論Ⅰ / 看護実践技術論Ⅱ / 看護実践技術論Ⅲ / ヘルスアセスメント/ 看護過程と看護方法論 / 日常生活援助展開実習 / 看護過程展開実習 / 看護学統合実習 / 卒業研究 / 看護理論 (大学院)
課題研究 / 特別研究

研究テーマ

・自然の回復過程を整える熱布バックケア普及に関する研究
・生活の場における看取りケアに関する研究
・特別養護老人ホームにおける看護実践能教育プログラムの開発に関する研究

【業績】

  •   修士(看護学)学位論文 「回復期リハビリテーション病棟における看護師に意識とケアの変化を起こすアクションリサーチ」
  •     博士(看護学)学位論文 「生活の場における看取りケア~看護師主導の特別養護老人ホームのエスノグラフィー」

   著書

  •  看護倫理ガイドライン・医療や看護を受ける高齢者の尊厳を守るためのガイドライン・身体拘束予防ガイドライン.2018年.看護の科学社(共著)

 論文

  • ・臨床倫理ガイドライン導入の取り組み:看護管理者の取り組みと看護管理者・チームの認識や行動の変化.友竹千恵,浅井さおり,内山孝子,小野光美.日本看護倫理学会誌.9(1),22-30.2017年
  • ・特別養護老人ホームにおける看取りケアに関する文献検討~看護職による看取りケアと入居者・遺族の体験.日本赤十字看護学会誌.16(1),17-24.内山孝子.2016年
  • ・すばらしい看護現場 特別養護老人ホームでの看護のエスノグラフィー(第1回~第8回) 看護実践の科学,43(1) ~(7)内山孝子.2018年.
  • ・【身体拘束をしない病棟組織づくり-日本看護倫理学会『看護倫理ガイドライン』を活用しよう】身体拘束を解除できた事例 看護倫理ガイドラインを活用して.看護実践の科学.44(10),29-36.2019年.
  • ・【清拭-看護の専門性と看護技術の可能性】自然の回復過程を整える『熱布バックケア』を日常的なケアに.看護実践の科学.45(1),38-44.2020
  • ・『川嶋みどり 看護の羅針盤 366 の言葉』選者たちが贈る 私が“ぐっときた言葉”進むべき道を照らし,看護師としての自律を支える言葉の贈り物.月間ライフサポートWEB MAGAZINE 2020, 10, 13-17. http://lifesupport-co.com//単著. 内山孝子.2020年
  • ・連載”杖患者”の物語-看護の自律に向けて.人間ライフサポートWEB MAGAZINE 2021,4.から連載中 lifesupport-co.com/webmagazine202205/magazine.html 内山孝子.2022年.
  • ・気持ちよさをもたらす看護ケアPart2「気持ちよさ」をもたらす看護ケアアプローチのコツとポインンと3)「熱布バックケアの紹介」.看護技術68(3),265-267,2022.
  • ・触れることの看護 看護と教養https://jnapcdc.com/LA/fureru/

 

 学会発表

  • 「ケアサイエンスとしてのバックケアの効果と普及~熱布バックケアの普及の観点から~」.第22回日本赤十字看護学会学術集会.
  • ・一総合病院における自然の回復過程を整える「熱布バックケア」普及のためのプロセス.第22回日本赤十字看護学会学術集会.2021年7月3日,Web開催.内山孝子 
  • ・新型コロナウイルス感染症予防と看護を受ける人々の尊厳~悩み・工夫について語り合いませんか~.日本看護倫理学会第14回年次大会,2021年5月29日,Web開催.内山孝子,友竹千恵,長谷川美栄子,大串祐美子,浅井さおり,小野光美,三浦直子,鈴木真理子.
  • ・自然の回復過 程を整える「熱布バックケア」普及のためのアクションリサーチ―A病院における普及プロセス―. 日本赤十字看護学会第21回学術集会, 2020年7月5日, WEB開催.内山孝子, 酒井千恵, 殿城友紀, 河合桃代, 茂野香おる, 川嶋みどり.
  • ・綿タオルの存在価値!安全に患者にケアを提供するために看護管理者ができること. 第24回日本看護管理学会学術集会, 2020年8月29日,河合桃代, 内山孝子, 茂野香おる, 酒井千恵, 殿城友紀, 川嶋みどり.  WEB開催.
  • ・看護実践の中 に潜むネグレクト. 日本看護倫理学会第13回年次大会, 2020年5月30日, 茂野香おる, 川嶋みどり, 内山孝子, 河合桃代, 殿城友紀, 酒井千恵. 誌上発表.
  • ・1960~2018年までの清拭に関する文献レビュー 熱布清拭に焦点をあてて.日本赤十字看護学会学術集会講演集20回 Page169.酒井千恵,内山孝子.2019年
  • ・自然の回復過程を整える『熱布バックケア』普及プロセス(その1) 講習会参加者の反応に焦点を当てて.日本赤十字看護学会学術集会講演集20回 Page167.内山孝子,殿城友紀,酒井千恵,河合桃代,茂野香おる,川嶋みどり.2019年
  • ・看護師の専門性発揮を支援する専門看護師の解放知に基づく実践.日本看護科学学会学術集会講演集39回 Page [PC-17-17],関根弘子,辻守栄,牛山実保子,鈴木姿子,飯田郁実,石井典子,藤澤和歌子,内山孝子,川原由佳里.2019年.
  • ・専門看護師の個人知に基づく実践事例の分析.日本看護科学学会学術集会講演集39回 Page [PB-29-09].鈴木姿子,石井典子,飯田郁実,関根弘子,辻盛栄,牛山実保子,藤澤和歌子,内山孝子,川原由佳里.2019年.
  • ・看護学生が反復練習により技術習得して臨地実習にのぞむ意味 熱布バックケアを通して感じた手応え.日本看護技術学会学術集会講演抄録集18回 Page74.河合桃代,茂野香おる, 山田悦子, 坂下貴子, 内山孝子, 後藤奈津美, 牧野美幸, 佐久間和幸.日本看護技術学会講演抄録集 18回 Page74.2019年.
  • ・Chinn & Kramerの知のパターンに基づく専門看護師の実践事例の文献検討 個人知に焦点を当てて.日本看護科学学会学術集会講演集38回 Page [P2-8-57].石井典子,飯田郁実,鈴木姿子,辻守栄,藤澤和歌子,関根弘子,牛山実保子,内山孝子,川原由佳里.2018年.
  • ・Chinn & Kramerの知のパターンに基づく専門看護師の実践事例の文献検討 倫理知に焦点を当てて.日本看護科学学会学術集会講演集38回 Page [P2-8-56].辻守栄,関根弘子,藤澤和歌子,飯田郁実,鈴木姿子,石井典子,牛山実保子,内山孝子,川原由佳里.2018年
  • ・Chinn & Kramerの知のパターンに基づく専門看護師の実践事例の文献検討 審美知に焦点を当てて.日本看護科学学会学術集会講演集38回 Page [P2-8-55].牛山美保子,鈴木姿子,内山孝子,辻守栄,飯田郁実,藤澤和歌子,石井典子,関根弘子,川原由佳里.2018年
  • ・「認知症高齢者の在宅生活を支えるショートステイ施設看護師と訪問看護師の連携」(第1報) 訪問看護師の捉える看-看連携.日本赤十字看護学会学術集会講演集19回 Page112. 内山孝子.2018年

     

【専門領域での活動】

 研修会講師

  • ・今,現場の身体拘束を考える. 日本看護倫理学会オンライン研修会, 2020年11月8日, Web開催. 浅井さおり, 内山孝子, 大串裕美子, 小野光美, 北村愛子, 鈴木真理子, 友竹千恵, 長谷川美栄子, 三浦直子.
  • ・気持ちよさをもたらすケアの技Ⅰ「熱布バックケア+腹臥位=ワンセットケア」どうやってやるの?. 日本看護技術学会第4回全国キャラバン研修会, 2020年11月22日, WEB開催.河合桃代, 内山孝子, 茂野香おる, 大宮裕子, 東郷美香子, 川嶋みどり.
  • ・気持ちよさをもたらすケアの技Ⅱ「熱布バックケア+腹臥位=ワンセットケア」どうやってやるの?. 日本看護技術学会第4回全国キャラバン研修会, 2021年1月23日, WEB開催.河合桃代, 内山孝子, 茂野香おる, 大宮裕子, 東郷美香子, 窪田静, 川嶋みどり. 

 

【所属している学会・活動】 

日本看護科学学会

日本看護倫理学会 臨床倫理ガイドライン検討委員会

日本看護管理学会

日本看護技術学会 気持ちよいケア班

日本看護歴史学会 

日本赤十字看護学会

日本老年看護学会

日本看護学教育学会

日本統合医療学会

 

【学生へのメッセージ】

 人々の健康な生活(安らかな死を含む)を支える基盤となる日常生活援助技術を共に考え学びましょう。

https://researchmap.jp/t-uchiyama

このページの先頭へ