東京医療保健大学
Menu

教員データベース

加藤 隆幸 KATO TAKAYUKI

所属
  • 医療保健学部 医療栄養学科
職位 教授
学位・資格 医学博士
担当科目 体の仕組みと働きⅠ
体の仕組みと働きⅡ
解剖生理学実習
栄養生理学実験
総合演習Ⅱ
卒業研究
協働実践演習

研究テーマ

細胞生物学 / 分子生物学 / 血液学

 

最近の業績または代表的な業績

【原著論文】

  1. Takada Y, Mizobuchi A, Kato T, Kasahara E, Ito C, Watanabe H, Kanzaki K, Kitagawa S, Tachibana T, *Azuma M. Isolation of diploid baker's yeast capable of strongly activating immune cells and analyses of the cell wall structure. Biosci Biotechnol Biochem., 78(5), 911-915, 2014.
  2. Aomatsu M, Kato T, Kasahara E, *Kitagawa S. Gender difference in tumor necrosis factor-α production in human neutrophils stimulated by lipopolysaccharide and interferon-γ. Biochem Biophys Res Commun., 441(1), 220-225, 2013.
  3. Fujita H, Kato T, Watanabe N, Takahashi T, *Kitagawa S. Stimulation of human formyl peptide receptors by calpain inhibitors: homology modeling of receptors and ligand docking simulation. Arch Biochem Biophys., 516(2), 121-127, 2011.

 

【著書】

  1. Kitagawa S, Kato T, Kitagawa M, Aomatsu M, Fujita H. Biological effects of calpain inhibitors on human phagocyte functions. Enzymes and Enzyme Activity Chapter V. editor: E.M. Lashinski, 121-144, Nova Science Publishers Inc.

 

【学会発表】

  1. Fujita H, Kato T, Serine 178 of human Mcl-1 is critical for the protective effect of cAMP on TNF-alpha induced Mcl-1 degradation, Protein and Peptide Conference (PepCon-2018) (Miami, USA), 2018.
  2. 藤田寿一, 加藤隆幸, cAMPによるヒト抗アポトーシスタンパク質Mcl-1の分解抑制の分子機構, 第35回日本炎症・再生医学会 (万国津梁館, 沖縄), 2014年
  3. 青松恵美, 加藤隆幸, 笠原恵美子, 北川誠一, LPSおよびIFN-γ刺激により誘導されるヒト好中球からのTNF-α産生における性差, 第106回近畿生理学談話会 (奈良県立医科大学, 奈良), 2013年

 

専門領域での活動

【所属学会】

  • 日本栄養・食糧学会会員
  • 日本生理学会評議員
  • 日本血液学会会員
  • 日本分子生物学会会員
  • 日本生化学会会員

 

 

学生へのメッセージ

選り好みせず色んなことを学び多くの人と交わり、生涯付き合える目標や友を見つけましょう。

 

このページの先頭へ