和歌山看護学部 看護学科

社会の変化を敏感に察知し、新しい時代において地域の人々の健康生活を支えるために
幅広い活動を創造できる看護職を育成します。

学びの特色

これからの看護職には、地域で暮らす人々の健康生活を支える力と高度な看護実践能力が求められます。本学科では、豊富な臨床事例をもつ日本赤十字社和歌山医療センターとの連携により、幅広く専門性の高い知識と確かな技術を修得するための教育を実践し、「人を支え、地域を支える」看護職を育成します。

ピックアップ授業

地域看護学概論〔1年次後期〕

「和歌山の人々の健康生活支援」を考える

地域で生活する人々の健康の保持・増進、疾病の予防、回復、障害のための看護活動について学び、地域看護の歴史や地域における看護の役割、地域看護学の全体像を理解することにつなげます。

資 格

  • 看護師:国家試験受験資格
  • 保健師:国家試験受験資格(人数制限あり)
  • 養護教諭(一種):本学科の所定の単位を修得し、申請により取得
  • 養護教諭(二種):本学科の所定の単位を修得し、保健師免許を取得した場合、申請により取得
  • 衛生管理者:保健師免許を修得した場合、申請により取得

教員メッセージ

原 政代 教授

原 政代 教授

専門分野:地域・在宅看護学

和歌山看護学部では、入学当初より和歌山の歴史や文化、特色などについて理解を深める「わかやま学」を学ぶことを通して、地域の特性や環境などから人々の健康や生活の特徴について考えることを学んでいきます。
少子高齢化が進む中、医療においては「病院完結型」から「地域完結型」へ転換しています。そのため、看護の対象者を「地域で暮らしている生活者」として、個々人への支援はもとより、家族、集団、地域における健康課題の解決に向け系統立てた学びを展開していきます。
あらゆる年代や対象に応じた地域包括ケアシステムにおいて多職種との協働・連携の中で看護職として必要な知識、技術、人間性を形成し、環境の変化や時代の変化、地域に応じた看護を創造できるよう共に考えていきましょう。