大学入試

入学者受け入れの方針

(アドミッションポリシー)

東京医療保健大学は、医療の現場に強く、豊かな国際感覚を備え、医療の情報化に対応し、
他の専門職と協働してチーム医療を実現できる人材を育成いたしますが、入学者には次のような資質が求められます。

  • 1. 寛容と温かみのある人間性と生命に対する畏敬の念を持つ人
  • 2. 基礎学力と豊かな教養の上に、専門性への探究心を持つ人
  • 3. 自ら課題を設定し、調べ、考えて問題解決を図ろうとする人
  • 4. 何事にも積極的に取り組むことができる人
  • 5. コミュニケーション能力・表現力が豊かで、他と協調して物事を達成できる人
  • 6. 社会の動きに関心を持ち、医療を幅広い視野で見ようとする人
  • 7. 科学技術の進歩に関心を持ち、医療の情報化・国際化に対応しようとする人 


本学では、以上のような資質を有する学生を選抜するために、一般入試の他に、
AO方式による入試、推薦入試、大学入試センター試験利用入試などの実施により多様な入学者選抜を行います。
これらの入学者選抜においては、
①「知識・技能」 ②「思考力・判断力・表現力」 ③「主体性・多様性・協働性」
という「確かな学力」を把握するとともに、各学科の教育・人材育成の目的にかなう能力・資質・意欲・適性等を判断するため、
試験種別ごとに個別学力検査、大学入試センター試験、調査書、小論文、総合問題、基礎テスト、面接などを組み合わせ、多面的・総合的に評価を行います。

各学部・学科の入学者受け入れの方針はこちら(pdf)