東京医療保健大学
Menu

トピックス

研究成果

【学会発表】The 25th International SPACC Symposium(第25回先端錯体工学研究会国際シンポジウム)で研究成果を発表しました

研究成果 [学会発表]The 25th International SPACC Symposiumで発表しました。

2018年11月23~25日に、琉球大学千原キャンパス50周年記念館で開催されたThe 25th International SPACC (The Society of Pure and Applied Coordination Chemistry) Symposiumにおいて、大学院医療保健学研究科感染制御学領域修士課程2年生鈴木潤一さんが口頭発表を行いました。発表題目は下記のとおりです。
in vitro efficacy of iodine based disinfectants and additives of ethanol for disinfection against various serotypes of Adenoviruses
Junichi Suzuki,* Yuriko Matsumura, Takumi Kajiura, and Atsuo Iwasawa

大学院医療保健学研究科感染制御学領域修士課程2年生片渕盛将さんがポスター 発表を行いました。発表題目は下記のとおりです。
Effect of non-woven fabric on the disinfection ability of benzalkonium chloride
Shigemasa Katafuchi,* Yuriko Matsumura , Kazunao Wakanabe, and Atsuo Iwasawa

大学院医療保健学研究科感染制御学領域博士課程2年生恒川良太郎さんがポスター 発表を行いました。発表題目は下記のとおりです。
Primary investigation of bactericidal mechanism for spores using hypochlorous acid and hydrogen peroxide as oxidants
R.Tsunekawa *, Y.Matsumura, and A.Iwasawa

このページの先頭へ