東京医療保健大学
Menu
和歌山看護学部 / 看護学科

在学生の声

国際活動、災害救護、在宅看護などのニーズに応えたい

写真:坂本 ゆい
看護学科 1年
坂本 ゆい

国際活動や災害救護に参加したいと考え、海外の被災地などで活動実績がある日本赤十字社和歌山医療センターとの連携に注目して大学を選択しました。「クリティカル・シンキング」の授業では、看護学を症例にどう活かすのか、自ら考えて行動する力を養っています。今後は「国際看護学」「災害看護援助論」「医療英語」や各種研修などで知識やスキルを身に付けたいです。祖父が入院していたとき、看護師さんの笑顔と親しみやすさに、安心できたことが印象に残っています。そんな看護師に成長し、ゆくゆくは地元で在宅看護に貢献したいです。

パソコンスキル、わかやま学、語学なども未来の力に

写真:三浦 愛真
看護学科 1年
三浦 愛真

高校時代、病院での看護体験に参加して感動し、患者さんに近い距離で健康を支える看護師を目指しました。大学選びで注目したのは「地学・地就」に力を入れ、県内での就職、奨学金制度やパソコン貸与といったサポートが手厚いところです。看護関連だけでなく、広い分野の学びにも魅力を感じました。例えば「わかやま学」では歴史、地理、人口といったさまざまな観点から和歌山県をリサーチし、数多く輩出している有名人についても再発見。語学は外国人の対応に活かせると考えています。今後期待しているのは実習です。専門分野を多く持ち、地域の方々から頼りにされている日本赤十字社和歌山医療センターで成長し、将来は病院で働きたいです。

このページの先頭へ