東京医療保健大学
Menu
東が丘・立川看護学部 / 看護学科

在学生の声

日本最大級の国立病院機構でたくさん実習を積み重ね、
将来の目標は、認定看護師。

写真:髙橋 幸希
看護学科
臨床看護学コース 4年
髙橋 幸希

将来は、たくさんの科で成長をめざせる大病院の看護師を考えています。東が丘看護学部に隣接している国立病院機構の東京医療センターは、日本最大規模の診療を展開。ここで1年次から実習できるので、目標に近い環境で学べると感じました。入学してみると、改めて実習が多いと感じました。1年次と2年次に2回ずつ、3年次には7回実施されます。たくさん患者さんやご家族と接することで、見えてくるものも。たとえば、寝たきりで意思疎通の取れない患者さんに、丁寧に接していたら、ご家族がよろこんでくださったことがありました。これもご家族の心のケアにつながると実感。大学では、心電図測定の技術を磨く「臨床検査学演習」など、オリジナルの授業も用意されています。将来的には、より専門性の高い認定看護師として活躍したいので、学生のうちから幅広く学べるのは、目標への近道だと感じています。できれば診療看護師(NP)もめざしたいです。

病院の外に飛び出し活躍する看護師にあこがれ
日本の災害医療の中心に

写真:有田 未侑
看護学科
災害看護学コース 4年
有田 未侑

中学生のときに、ドクターヘリに乗る看護師のドラマが人気でした。病院から外に飛び出し、医師とともに行動する姿が新鮮でかっこよく、すっかり将来の夢になっていました。緊急時に駆けつける、災害医療にも興味があり、日本の災害医療の中心である災害医療センターが隣接しているこの学科に進学しました。大学では、センターで働く医師や看護師が指導する授業がたくさんあります。そのなかで、現場の話を聞けるのは、貴重な機会です。特に災害時は、そのときだけでなく、避難所での衛生管理、精神的なケアなど、復興までの継続的なサポートが必要だと学びました。専門性を深めたくて、救命活動について学ぶFASTという部活にも所属。BLS(一次救命処置)の資格取得もめざしています。また、地域の消防団にも加入し、学びの場を広げています。今後、センターの災害派遣医療チーム「DMAT(ディーマット)」の方の講義を含めた実習も控えています。今から待ち遠しいです。

このページの先頭へ