東京医療保健大学
Menu
東が丘・立川看護学部 / 看護学科

在学生の声

地域の医療・保健・福祉に
貢献できる看護師を目指したい

写真:稲本 愛
看護学科 4年
臨床看護学コース 4年
稲本 愛

臨床看護学コースの魅力は、キャンパスと主な実習先である東京医療センターが隣接していることです。1年次から見学実習があり、病院の施設や設備、医療専門職の方々の仕事を身近に知ることができます。また、1~2年次の授業「疾病と治療」では、東京医療センターの各専門医が講義をしてくれます。1年次から講義、実習を交互に行うことができ、学びの理解が深まったように思います。3年次の授業で印象に残っているのは「障害者看護論」で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)で寝たきりの患者さんと出会ったことです。最初はまったく動こうとしなかった患者さんが心を開き、リハビリをするようになり、退院できるまでになったのです。看護師にはコミュニケーション力、特に患者さんの話をよく聞く傾聴力が必要だと実感しました。これからも学びを継続し、地域の医療に貢献できる看護師を目指したいと思います。

いかなる状況でも、客観的視点を保ち、
医療知識を活かして行動できる人になりたい

写真:村上 愛帆
看護学科
災害看護学コース 4年
村上 愛帆

各領域別実習で最初に行った小児領域で、私は受け持った患者さんに拒絶されてしまい、病棟に出るのが怖くなるくらい参ってしまいました。その時、看護師さんから言われたのは「医療者なのだから、傷つくのではなく、あの子がなぜそのような態度をとったか考えるのが仕事だよ」という言葉。患者さんと良い信頼関係を築こうとしていたそれまでの態度が実は自分本位だったことに気づかされました。入院するだけでも患者さんがそれだけ大きなストレスを感じていることを知り、「だとしたら、災害時に人々はどれだけ追い詰められた状況になるのか」と思うに至りました。そして自分は、そうした極限状況においても客観的視点を失わず、自らの医療知識を活かして行動できる人になりたいと強く思うようになりました。将来は、助産師の免許を取得して、特に災害弱者になりがちな、妊婦さんたちに対して専門的なケアを行える看護師になりたいと考えています。

このページの先頭へ