東京医療保健大学
Menu
東が丘・立川看護学部 / 看護学科

在学生の声

入学後すぐの病院実習で
看護学生としての自覚が芽生えました

写真:木島 楓
看護学科 4年
臨床看護学コース 4年
木島 楓

1年次に早速病院実習へ行けるのが、この学科の大きな魅力です。入学してまだ間もない時期に、病院の様子を詳しく知ることができたのは貴重な経験でした。病院内の雰囲気を知れたこともそうですし、例えば、感染症病棟が外来から離れた上層部にあることや、脳外科病棟がリハビリテーション病棟の近くに配置されていることなどを、その理由も合わせて丁寧に説明していただけたことは、その後もたびたび役に立ちました。また自分はもともとあまり人と関わるのが得意でなく、以前は患者さんとのコミュニケーションに対しても不安を持っていたのですが、グループワークが積極的に取り入れられている授業や演習のおかげで、コミュニケーションに対する考え方が大きく変わりました。特に、相手の立場に立ってものを考える大切さを学べたことは大きな収穫でした。この大学は、とにかく自分の可能性を伸ばしてくれる大学だと思います。知識や技術だけでなく、大学時代にしかできないことをたくさん学び、経験してください。

個別の患者さんに対応した看護を
行うことの大切さを学びました

写真:伊藤 史織
看護学科
災害看護学コース 3年
伊藤 史織

子どもの頃から、災害の現場で働く看護師になりたいと考えていたこともあり、災害看護学コースを選びました。この学科は1 年次からさまざまな演習・実習で学ぶことができますが、一番印象に残っているのはおむつ交換の演習です。実際に自分でおむつを着用するのですが、患者さんの立場を体験することで気づくことは多く、衝撃を受けました。また、驚いたのは、実技演習などの際に先生方は初めから正解を教えるのではなく、まずは私たちが自分で考えて判断し、自分なりの答えを出すのを待ってくれることです。初めから正解がわからないことが、看護の視野を広げてくれたと思います。当然、事前課題は大変ですし、演習で失敗するのも当たり前。しかしそうやって毎回、頭を使って必死で考えたり、周りの人たちと意見交換をしたりするうちに、看護の正解は一つではないということや、個別性のある看護の大切さを学びました。将来は、豊富な知識と技術、それと想像力で、患者さん一人ひとりを尊重し、個別性にあった看護を提供できる看護師になりたいです。

このページの先頭へ