東京医療保健大学
Menu
東が丘・立川看護学部 / 看護学科

在学生の声

充実した実習と先生たちの手厚い指導で
確かな看護実践力が身に付く

写真:玉利 明佳音
看護学科 4年
臨床看護学コース 4年
玉利 明佳音

専門職として生涯にわたって勉強し続ける、そんな生き方や姿勢に憧れて看護師を目指すようになりました。本学を選んだのは、実習が豊富で、確かな実践力が身に付くと思ったから。豊富といってもただ回数が多いのではなく、毎回、達成すべき目標が明確に設定されているので、一歩一歩階段を昇るように力が付いていくのを実感しています。また先生たちと距離が近く、いつでも質問や相談ができるので、不明な点をすぐに解決できるのも魅力です。
ただ、そうした丁寧な指導の一方で、自律した看護師の育成を目指しているのも、本コースの特徴の一つです。もちろん、正確な技術としてお手本は見せてくれますが、手取り足取り教えてくれるわけではなく、学ぶ際も、常に自分で考えるという姿勢を求められました。最初は少し戸惑いましたが、慣れてくると、やっぱり気づきが多いので、おかげで、使える知識や技術が身に付いたと思います。

将来は開発途上国が抱える
母子保健分野の問題を解決したい

写真:嶋田 空
看護学科
災害看護学コース 4年
嶋田 空

中学生の時から英語が好きで、将来は、国際協力に関係する仕事に携わりたいと思っていました。大学に進学し、看護師として実際に海外で活躍をしている先生から現場での経験を伺う機会があり、とても感化されました。また、災害現場の最前線で活躍されてきた先生たちの講義に刺激を受けたのはもちろんのこと、災害医療センターでの実習やACT(クラブ)での活動を通してなど、災害看護を身近に感じられる機会が豊富で、いつも自分の将来を想像し、高いモチベーションを維持しながら学ぶことができました。
先生との距離が近く、気軽に相談できる環境が整っているのも魅力の一つです。途上国の母子保健の実態に興味を持った私の“やりたいこと”を一緒になって熱心に考えてくれ、実現するための方法も示していただきました。卒業後は進学し助産師の資格を得て、国際医療協力に力を入れている病院で看護師としての臨床経験を積みたいと考えています。

このページの先頭へ