東京医療保健大学
Menu
東が丘・立川看護学部 / 看護学科

在学生の声

毎日の講義や実習はもちろん、
外部講師による特別講義も楽しみ

写真:石川 りさ子
看護学科 4年
臨床看護学コース 4年
石川 りさ子

外部講師の特別講義は、一見、看護とは無関係に思われるテーマも多いのですが、授業が終わると毎回、「看護とはこういうものだ」という既成概念が打ち砕かれ、否が応にも自分の頭で「看護のあるべき姿」を考えるという貴重な経験ができました。近年、認知症ケアの新しい手法として注目されつつあるユマニチュードに興味を持ったのも、大学の特別講義がきっかけ。実は1年次の病院実習で鳴り止まないナースコールに驚き、「患者さんの立場に立った看護」とは何かと悩んでしまった時期があったのですが、ユマニチュードを知り、その後の実習で自分なりに実践もできたことで、できることや、やるべきことが少し見えてきたのは本当にありがたかったです。正解しか教えてくれない大学だったら、おそらくこんなふうに思うことはなかったはず。知識や技術の習得だけでなく、視野を広げてくれる機会が豊富な大学だと思います。

瞬時に適切な判断を下し、
行動できる看護師になりたい

写真:室谷 愛海
看護学科
災害看護学コース 3年
室谷 愛海

東日本大震災の際、医師も看護師もいない中で大勢の人が亡くなっていく姿を目の当たりにしたことで、将来は人の命を救う仕事に携わりたいと考えるようになりました。今、関心があるのは「臨床検査学演習」の授業。私自身もそうでしたが放射性物質を用いた検査を不安に感じる患者さんもいらっしゃるので、看護師も正しい知識を身に付ける必要があります。また、これまでで最も印象に残っているのは災害医療センターでの実習で出会った一人の看護師さんの姿。どれだけ忙しくても患者さんの前では常に笑顔で慌ただしいそぶりを一切見せない方でした。災害看護で求められるのはまさにこういうこと。「極限状態でいかに平常心を保てるか。そして迅速に行動しながらも人々には安心感を与え続ける」。平時の看護ができない人に災害時の看護なんて務まるわけがないということがよく理解できました。これから専門性を磨き、将来は患者さんにあたたかく寄り添える看護師を目指したいです。

このページの先頭へ