東京医療保健大学
Menu
東が丘・立川看護学部 / 看護学科

講義内容

あらゆる状況に対応できる看護実践能力を養う

看護実践能力を身につけた、チーム医療のキーパーソンとなる看護師を育成するためのカリキュラムが編成されています。

図:4年間の実習の流れ

詳細内容

看護学体験実習

開講:1年次前期

看護学体験実習では入学3ヶ月後の7月という早期に、臨床現場の看護活動を学ぶことができます。看護を学ぶ者として現場の医療に触れ、自ら考えることで、これからの学習に対するモチベーションが高まることを期待しています。
臨床看護学コースでは、国立病院機構東京医療センターを実習施設とし、政策医療等の国立病院機構が果たす役割についても学び、災害看護学コースでは、国立病院機構災害医療センター、国立病院機構村山医療センターを実習施設とし、災害看護の果たす役割や災害拠点病院の特徴についても学ぶことができるようにカリキュラムを設定しています。

フィジカルアセスメント

開講:1年次後期

フィジカルアセスメントは患者さんの健康状態を把握するために必要な看護技術です。人体の構造と機能に関する知識を基盤として、フィジカルイグザミネーション等による情報収集の方法、収集した情報の分析・判断について学習します。自分で考え、行動することを大切にしています。

臨床検査学演習

開講:2年次

患者さんの健康状態を的確に把握するためには、診断の基礎的な情報となる臨床検査結果について理解している必要があります。この科目では、病院で行われている下表の様々な検査の目的と原理を、実際に検査を行なうことを通して学び、それぞれの検査で得られる情報について理解を深めます。

臨床検査学演習で扱う内容
病院見学(臨床検査科、放射線科) 組織学的検査
心電図 血液検査
尿検査 放射線検査
染色体検査  

在宅看護学実践論Ⅰ・Ⅱ

開講:3年次後期・4年次前期

在宅看護学実践論Ⅰでは、療養者本人による講義の他、在宅で生活するために必要な最新の医療機器や福祉用具に触れる演習を通して、安心で安全なその人らしい暮らしを支える看護技術を学びます。また、在宅看護学実践論Ⅱでは、学生同士のグループ演習を通して、地域包括ケアシステムの中での看護の役割を学びます。地域で暮らす人々や関連機関・関係職種についての学びを深めることができます。

災害看護学Ⅰ・Ⅱ

開講:2年次後期・3年次前期

災害看護学Ⅰは、災害時の医療・看護活動の基礎を学ぶ科目です。救命救急法をはじめとした災害発生時の救護活動の方法から、災害発生後に中長期的に求められる看護技術と心のケア等の具体的な看護支援方法を学びます。また、広域災害の際の国際医療支援活動についても学ぶことができます。災害看護学Ⅱでは、さらに災害医療のエキスパートの協力を得て、基幹災害拠点病院、日本看護協会での実際の活動やNBC(Nuclear, Biological, Chemical)災害への対応等を学びます。

看護学統合実習

開講:4年次前期

看護学統合実習は、全ての看護領域で学習した知識・技術・態度を統合した実習で4年次の前期に行います。チーム医療を通して患者さんが持つ健康問題を解決するために必要な看護実践能力および看護マネジメント能力を修得する実習です。複数の患者さんを受け持った時の援助の優先度の決定、チームリーダー実習・夜間実習等の体験をします。

卒業研究

開講:4年次

本学部では、大学生活の集大成として卒業研究を実施しています。8~10名のグループごとに一つのテーマに取り組み、教員の指導の下、約1年かけて研究論文を作成します。研究成果は学内の発表会で報告するとともに、優れたものについては、学会等で発表することもあります。

平成27年度卒業研究テーマ
CT-AEC(CT用自動露出機構)の数理モデル化とその評価
大学周辺の騒音について
陰部洗浄における羞恥心配慮に関する看護学生の意識と行動の実態
女子看護大学生の月経に関係する知識およびマイナートラブル、セルフケア行動の実態
大学生の母親の更年期症状と母子間の精神的自立に関する認識の相違との関連
乳児はマスクを着用している母親の顔を認識しているか?
A大学看護学生における自尊感情とバーンアウトの関連
長時間の仰臥位による精神的ストレスと身体的ストレスの変化
発達障害およびその疑いのある学生に対する看護系大学教員のかかわりの現状と支援のあり方
日本における在留外国人のヘルスリテラシーに関する実態調査
看護学学士課程における看護学生のリスク感性に関する学年別比較
・「看護学生のリスク感性測定尺度」を用いて
平成26年度卒業研究テーマ
看護学生の精神障害者観に影響を及ぼす要因に関する研究
・精神看護学実習における経験から
ヒトの紫外線ばく露量に影響を及ぼす因子について
頭頸部の放射線治療に伴う放射線皮膚炎のケアに関する実態調査
蒸しタオルを使用した背部清拭に蒸し時間を加えることの効果
・皮膚温の変化と気持ちよさに焦点を当てて
看護学生の衛生学的手洗い行動と洗い残しの学年による違い
大学生男女のライフプラン及び妊孕性の意識調査
大学生の子宮頸がんとHPV感染に関する知識と認識の実態
・男女差に注目して
入院している重症心身障害者の「最善の生活」に向けた看護
・看護学生の語りから
他者への口腔清掃未経験者による手用歯ブラシを用いた口腔清掃
緩和ケア病棟に勤務する看護師の終末期看護に対する満足感に関する研究
父親から母親への精神的支援に注目した育児の実態
・幼児を持つ夫婦それぞれの視点から
強度を意識した記録用紙と活動量計の使用がもたらす身体活動指標の変化
新人看護師のストレス要因と職場支援についての文献検討
看護職が抱く職務上のストレッサーと看護職が必要としている職場支援との関連性
このページの先頭へ